共役反応

出典: meddic

[[]]
coupled reactions
[[]]



coupled reactions

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 26pAC-1 化学共役反応と熱力学的限界(26pAC その他の系(パターン形成など)・その他の数理モデル・生体分子機械(小さい非平衡系を含む),領域11(統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理))
  • 川口 喬吾,佐野 雅己
  • 日本物理学会講演概要集 67(1-2), 343, 2012-03-05
  • NAID 110009566060
  • Gタンパク質共役受容体キナーゼ(GRK)
  • 芳賀 達也
  • 日本薬理学雑誌 136(4), 215-218, 2010-10-01
  • … 質との相互作用が損なわれる脱共役(uncoupling),受容体の細胞内への移行(internalization),細胞内移行した受容体の分解(down regulation)に区分される.Gqを介する反応をGRKがリン酸化非依存的に抑制する脱共役反応もある.受容体によるGタンパク質の活性化がonの反応であるのに対し,GRKの活性化による脱感受性はoffの反応である.一方,アレスチン上でMAPK(Mitogen Activated Protein Kinase)への情報伝達が起こることが報告 …
  • NAID 10027584131
  • 2-III-31 ラン藻アナベナ由来ペルオキシダーゼのメディエータ共役反応系の解析(一般研究発表,日本ビタミン学会第61回大会研究発表要旨)
  • 上池 貴晃,Oduor Henry J.O.,芦田 裕之,石川 孝博,柴田 均,澤 嘉弘
  • ビタミン 83(4), 223, 2009-04-25
  • NAID 110007161416

関連リンク

【ベストアンサー】ある反応が起こるときに生じるエネルギーや物質が他の反応を起こすって感じかな。生体内だと活性化エネルギーが高くて起こりにくい反応を他の反応で得られたエネルギー ...
概要 生体共役反応(Bioconjugation)とは、2つの生体関連分子を共有結合で連結させる手法である。ほとんどの場合にはタンパク質を標的としている。化学反応開発における最先端研究課題でもある。 とりわけ人工分子と共役させること ...

関連画像

史 不斉エポキシ化 Shi Asymmetric 生体共役反応 BioconjugationNucleophilic conjugate addition  反応に補酵素(NADH 2 + )がと共役した新生転写反応 生体共役反応 Bioconjugation | Chem


★リンクテーブル★
関連記事共役」「反応

共役」

  [★]

couplingconjugationcoupleconjugateconjugated
カップリング結合接合接合体配偶複合化複合物抱合抱合型抱合体連関一対カップル
-coupling


反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡