六鉤幼虫

出典: meddic

和文文献

  • 小形条虫感染に伴うマウス小腸のphospholipase活性の変動と六鉤幼虫の発育に及ぼすその効果
  • 浅野 和仁,村松 邦彦,岡本 謙一
  • 寄生虫学雑誌 38(2), p106-111, 1989-04
  • NAID 40000636935

関連リンク

虫卵から放出された六鉤幼虫が腸壁に侵入し、血流もしくはリンパ流にのって諸臓器(肝 、肺、脳など)に運ばれ幼虫期である単包虫を形成する。単包虫は様々な大きさの球形の 限局性嚢胞性病変を形成する。嚢胞は漿液性の包虫液で満たされており、その中に ...

関連画像

小形条虫卵5月6日に孵化した幼虫が 写真は駆虫薬を背中にたらして 卵はウリザネ(瓜実)条虫は片


★リンクテーブル★
関連記事幼虫」「

幼虫」

  [★]

larvalarvaelarval
幼生

虫」

  [★]

wormbug
寄生虫バグ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡