公立豊岡病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 公立豊岡病院

url

理念

  • 1.信頼できる病院2.思いやりのある病院3.安らぎのある病院4.地域に根ざした病院 

住所

  • 668-8501 豊岡市戸牧1094番地

診療の特徴、実績

  • 明治4年(1871年)開設、136年の歴史と伝統を有する。平成17年(2005年)新病院へ移転。兵庫県北部及び京都府北西部を診療圏とする、地域の基幹病院である。 標榜診療科26科。救命救急センター(北米ER型救急システム)、精神科デイケアセンター、老人性認知症センターを併設。各種拠点病院指定。プライマリケアから高度医療、地域医療をカバーし、広範かつ豊富な症例を有する。 財団法人日本医療機能評価機構認定(バージョン4.0・一般500床以上)。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 450.2人

一日平均外来患者数

  • 1,158.2人

平均在院日数(一般/精神)

  • 16.7日/71.9日

年間分娩件数

  • 669件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 11件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/6回

当院の救急医療の特徴

  • 病院併設の「但馬救命救急センター」に救急専従医(2名)と救急専用病床(20床)を置き、「北米ER型救急システム」を取り入れている。軽症から重症まで、救急車・徒歩来院の区別なく、全ての救急患者を24時間365日断ることなく受け入れ、救急総合初期診療を行う。入院後は各科の専門医に治療を任せ、入院患者を見ている。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 総合内科/精神科/神経内科/呼吸器科/消化器科/循環器科/小児科/外科/整形外科/形成外科/脳神経外科/心臓血管外科/皮膚科/泌尿器科/産婦人科/眼科/耳鼻咽喉科

一日平均救急外来患者数

  • 53.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 10.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 64人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 3回

当直手当

  • 有り(15,000円/1回)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 3人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 2人

勤務体制

  • 平日は夜間当直のみ。休日・祭日は昼間、夜間の2交代制勤務になる。

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 有り

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  •  平成17年5月新病院が開院し、最新の医療機器や診療システムを備え、快適な療養環境が整備されている。兵庫県北部を中心に広い診療圏を持ち、26診療科、医師数約100名を擁する地域の基幹病院であり、高度医療等の実績により救急患者・紹介患者も多く、示唆に富む症例を多く経験できる。 外来・入院患者ともに多く、救急医療、在宅医療、地域医療、チーム医療などを包括的に実践しており、研修医が初期研修するには格好の条件が揃っている。 医師の出身大学は京都大学等約30校におよび、大学にとらわれない診療科間の円滑な協力体制や、自由な意見交換ができる医局の雰囲気がある。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  •  初期研修の目標は研修医個々によりさまざまです。例えば(1)一般的・基本的な疾患を診られること、(2)専門に関わらず、緊急性の有無の判断や適切なコンサルトを行えること、(3)救急外来の当直医として一通りの対応ができること、などですが、2年間の研修を終えて、当初の目標としていたこと、身に付けたいことは、ほぼ達成されているように思います。 これらの目標を達成できた理由としては、次のような当院の特徴が挙げられます。(1)1次-3次の救急患者を受け入れており、当直も月4回、上級医とともに行ってきたこと、(2)周辺に同規模病院はなく、地域の中核病院として、一般的な症例から珍しい症例までさまざまな症例があること、(3)500床の規模で、医師やスタッフとも密に連携がとれ、コンサルトもしやすいこと、などです。そして、何よりも指導医の先生に恵まれていることと患者さんの豊富さによるところが大きいです。 大切な2年間ですので、何を目標にし、どのような病院を選ぶか十分検討して下さい。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/15 00:21:22」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 人が作る地域の医療(第6回)救える患者は必ず救う! : 救急医の挑戦 攻めの救急で一流の医療システムを(後編)小林誠人 公立豊岡病院組合立豊岡病院(兵庫県豊岡市)但馬救命救急センター センター長
  • ラピッドカー運用の特徴と課題 公立豊岡病院但馬款命牧急センターにおける運用 (特集 ドクターヘリ/ドクターカー) -- (ラピッドカー)
  • 永嶋 太,小林 誠人
  • 救急医学 = The Japanese journal of acute medicine 38(11), 1457-1460, 2014-10
  • NAID 40020234973

関連リンク

豊岡病院組合からのお知らせ 2014/03/03 平成26年第1回定例会のお知らせ 2014/02/26 公立豊岡病院組合改革プラン取り組みに関する評価報告書について 2014/01/06 ほすぴたる第54号を掲載しました 2013/12/25 随時募集(先着順 ...
重要なお知らせ 2014/03/05 循環器内科 担当医の変更について 2014/02/21 平成26年度医師修学資金貸与医学生を募集します 2014/01/17 平成26年度看護職員奨学金貸与看護学生を募集します 2014/01/06 平成26年度 臨床研修医の募集 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡