公立富岡総合病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 公立富岡総合病院

url

理念

  • 患者中心の医療

住所

  • 〒370-2344 富岡市富岡2073-1

診療の特徴、実績

  • 当院は平成2年に現在地に移転し、地域中核の総合病院としてスタートしました。その後病院の機能を急性期医療に特化し、地域医療支援病院を目指しています。更に、平成15年度から病棟の再編成に着手し、HCU・ICU病棟、PCU(緩和ケア)病棟及び周産期・小児病棟の整備が済んだところです。平成2年の新病院オープン時にトータル・オーダリングシステムを導入、平成14年から電子カルテに全面移行、平成17年度にはインターネットを利用した地域医療連携ネットワークの運用開始、PACSの導入等、医療におけるIT化の推進に取り組んでいます。病院医療を取り巻く環境が年々厳しさを加えるなかで、わが国の地域医療における中核病院のあり方を追求しチャレンジしています。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 263.9人

一日平均外来患者数

  • 864.0人

平均在院日数(一般/精神)

  • 10.9日/0.0日

年間分娩件数

  • 454件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 1件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/1回

当院の救急医療の特徴

  • 「医療の原点は救急にあり」をモットーに、群馬県・富岡保健医療圏の中核病院として、約10万人を対象に24時間365日救急対応を行っている。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 内科/小児科/外科/整形外科/脳神経外科/皮膚科/泌尿器科/産婦人科/耳鼻咽喉科/循環器科/消化器科

一日平均救急外来患者数

  • 77.2人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 7.1人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 0人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 5回

当直手当

  • 有り(1年次 16,000円/回、2年次 25,000円/回 月5回以下)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 4人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 2人

勤務体制

  • 必ず上級医の指導のもとで診療にあたる。指導医1人に対し研修医1人の体制

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • どの大学を卒業したかではなく、どの病院で研修を受けたかで評価される時代が来るといわれている。医師として最も伸び代の大きい時期を過ごす研修医を受け入れる責任は重い。充実した研修期間を過ごすことができる環境を整えることがこちらの責務である。その一環として、ほぼ毎週トピックを決めて院内医師などによる研修医向け特別講義を行っている。高血圧や糖尿病に代表されるcommon diseaseをはじめ、耳鼻科、眼科、口腔外科などのいわゆるマイナーの分野の救急も診られるように、また頻発する時期には熱中症や食中毒といった「季節物」を取り上げるなど、できるだけ実戦的なレクチャーを行っている。人に教えることは自分が学ぶ機会でもある。研修医2年生や後期研修医の諸君にも、講師として積極的に参加してもらっている。当院は院内のどこからも外光を感じられるように気をつけて作られている。陽の気を取り込んでいるといってもいい。墨絵のようなたたなづく西上州の山々や浅間山をのぞむ自然に恵まれた環境の中で、のびのびと研修していただけると確信している。臨床研修管理委員長 嶋田 均

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 研修医となって1ヵ月半が経ちました。研修医とはいえ、医師として患者さんと接することの充実さ、大変さ、そして責任感に追われながら密度の濃い毎日を過ごしています。 富岡総合病院の特徴を研修をしている私の視点でいうと大きく3つあります。まず一つ目、研修医と指導医の距離が非常に近いことです。研修医の人数があまり多くない反面、とても熱心に指導してくれます。ローテーションしている科ではない他科の先生とも接しやすく、より幅広い知識を得ることが出来る環境が整えられています。二つ目は、4月の段階から内科系・外科系当直が始まり、指導医の元で実際に外来患者や救急搬送患者に対応します。早期にそのような現場に接することで生きた知識や実践力が得られ、医師としての責任感をひしと感じます。また救急外来には瀕死の患者さんが搬送されてくることもあるので、命の尊さやその命に対する使命感も養うことが出来ます。症例も豊富で、プライマリケアを学ぶには非常に適していると思います。そして三つ目は、とても活気ある病院だということです。廊下ですれ違うスタッフ間にも毎回挨拶があり、非常に清々しい環境の中で気持ち良く仕事をすることができます。以上3つ私なりに病院の特徴を挙げてみましたが、研修病院の選択にあたっては実際に自分の目で見て感じることが一番大切だと思います。少しでも当院に興味のある方は気軽に見学に来てみてください。 自然にあふれ四季の変化を感じることができる素晴らしい環境の中で、実りある研修医生活を是非一緒に送りましょう。お待ちしています!!1年目研修医 藤原 健史

和文文献

  • 社会人経験をもつ新人看護師の看護職継続過程における職業経験に関する研究
  • 西原 雄一,松田 安弘,山下 暢子
  • 群馬県立県民健康科学大学紀要 10, 89-107, 2015-03
  • 目的:社会人経験をもつ新人看護師の看護職継続過程における職業経験を表す概念を創出し,その総体を明らかにし,その特徴について考察する.方法:研究方法論には,看護概念創出法を適用し社会人経験をもつ看護師19名を対象とした半構造化面接によりデータを収集し,持続比較分析を行った.結果:社会人経験をもつ新人看護師の看護職継続過程における職業経験を表す【実践経験と前職の経験活用による円滑な業務遂行】【看護実践 …
  • NAID 110009884773
  • 27-P4AM-208 当院における抗菌薬適正使用へ取り組み(感染制御(治療薬)1,一般演題(ポスター),新時代を拓く医療薬学フロンティア)
  • 相川 祐貴
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 24, 302, 2014-08-25
  • NAID 110009880098

関連リンク

患者中心の医療 明るく健康な暮らしを願って地域社会の医療サービスに最前を尽くします。 ... 平日:午前 8:30~11:00 ※土日祝を除く 内科・消化器科外来・整形外科外来は完全紹介制です。 必ず診察券を ご持参ください
地域の中核病院として 多様な専門性を持つ安心の医療を実践します。 診療部 ... 心療内科 平成5年、公立総合病院である当院に新設されて以来、精神医療の地域定着に貢献しています。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事総合

総合」

  [★]

comprehensiveoverall
全体全体的包括的全体的に見て網羅的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡