八尾総合病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 医療法人社団藤聖会 八尾総合病院

url

理念

  • Good Neighbors 良き隣人でありたいGood Hospitality 最適なホスピタリティを提供したい

住所

  • 〒939-2376 富山市八尾町福島7-42

診療の特徴、実績

  • 当院は富山医療圏の富山市南部の地域中核病院として、地域密着型の総合的な診療を行っています。地域医療を担う病院の役割として、一般外来・専門外来を中心に初期治療から重症治療にいたるまで、広範囲な診療を行っています。脳ドック・一般ドックや特定健診など予防医学面での充実強化も図っており健診部門、栄養相談などの総合診断窓口としてヘルスケアセンターを設置しています。また、近隣の医療機関、施設との連携の窓口として地域医療連携室を設置し、在宅医療(訪問診療、訪問看護、訪問リハビリ)の推進も行っております。尚、当院は乳がん手術に特化しており、専門施設である女性クリニックWe富山(ブレストケアセンター)を持ち、年間100例以上の手術を行っています。また、定位放射線治療装置「サイバーナイフ」を備えた富山サイバーナーフセンター(日本海側唯一の施設)を持っています。さらに、駅の中にありMRIまでも備えた総合クリニックとして金沢メディカルステーションヴィークを持っております。これらの関連施設でも研修を行うことが出来ます。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 157.0人

一日平均外来患者数

  • 443.5人

平均在院日数(一般/精神)

  • 18.1日/0.0日

年間分娩件数

  • 0件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 1件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/1回

当院の救急医療の特徴

  • 富山医療圏の富山市南部のすべての初期救急医療を担当し、二次救急医療機関との連携を図っています。富山医療圏メディカルコントロール協議会の一員として救急救命士に対する指示、救急隊員に対する指導、助言、病院研修を行っています。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 内科/外科

一日平均救急外来患者数

  • 7.4人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 1.3人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 22人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り(当直回数は研修医の希望により最大月8回まで可)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 1人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

  • 当直は原則24時まで

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 当院の初期研修の特徴は、まず第一に研修医数に対して、指導医数が多く、マンツーマンの指導が受けられます。第二に、小回りの利く環境であり、各研修医の希望を取り入れたオーダーメイドの研修計画を立てられます。第三に2週間の短期間ではありますが、アメリカオレゴンでの海外研修があり、医療の見聞を広める貴重な経験を積むことができます。日頃から当院の研修医に話しているのは、積極的に患者様に接する姿勢を持ってほしいということです。それがプライマリ・ケアの根本を形づくるものであり、自分が将来なりたいと思う医師像を考えるに当っても重要になるでしょう。様々な診療科を横断的に見て、医師としてのあり方を構築できるよう充実した2年間を過ごしてほしいです。自然環境豊な、おわら情緒溢れる八尾総合病院で是非初期研修をしてみませんか。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 小規模な病院ということもあり、病院職員間の垣根が低く、話しやすい関係であり、働きやすい環境だと思います。薬や一つ一つの手技を習得していくことも大事だと思いますが、一人の患者様が外来受診から入院して退院するまでに、さまざまな職種のスタッフが協力し、元気に退院していくまでの過程を実感しながら研修をすることができます。大きな病院であれば、さまざまな疾患やいろいろな手技を経験できるかもしれませんが、手元の業務に追われ、周りで動いているスタッフが何をしているのか分からずに研修期間が終わるように思います。患者様とのコミュニケーションは大切ですが、コメディカルスタッフとのコミュニケーションも非常に大切だと考えます。また、他科の先生方とも気軽に話せる雰囲気があり、指導医が許せば、当直帯に自分が診察し入院した患者様を退院まで診ることも可能です。その他利点としては、医局内に研修医室があり、希望すれば個室が与えられ、また、常勤医師として働けるので有給休暇も与えられるなどQOLの良さがあります。さらに指導医や病院の許可をもらえば、協力病院以外の大学や他の市中病院を見学する期間が与えられ、後期研修先を探すことも可能です。

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 輸血副作用サーベイランスにおけるunderreporting
  • 紡錘状椎骨動脈瘤に対するステント併用コイル塞栓術:down-the-barrel view による追加ステント留置術が有用であった1 例

関連リンク

言語聴覚士,医師,看護師,社会福祉士募集中 Good Neighbors(よき隣人でありたい)、Good Hospitality(最適なホスピタリティを提供したい)を理念とし、八尾町、婦中町、旧大沢野町を中心とした中核病院として、内科、外科をはじめとした ...
医真会八尾総合病院 TEL 072-948-2500 医真会八尾リハビリテーション病院 TEL 072-941-5333 医真会総合クリニックス TEL 072-948-0708 安中診療所 TEL 072-994-0860 介護老人保健施設あおぞら TEL 072-948-2545 ふれあい訪問介護 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事総合

総合」

  [★]

comprehensiveoverall
全体全体的包括的全体的に見て網羅的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡