八味丸

出典: meddic

八味地黄丸

成分

漢方製剤・丸剤 ウチダの八味丸M
本品6.154g(60丸1日分)中、(乾燥仕上り重量6g)

添付文書

  • 漢方製剤・丸剤 ウチダの八味丸M
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/5200120L1029_1_11/5200120L1029_1_11?view=body

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/04/21 09:24:17」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 昔の名医に聞いてみよう(第5回)北山友松子の八味丸の使い方『増広医方口訣集』
  • 加島 雅之
  • 漢方と診療 = Kampo practice journal 5(4), 346-354, 2015-01
  • NAID 40020326711
  • 臨床報告 繰り返す高度便秘に八味丸が著効した一例
  • 吉田 未央,竹田 眞
  • 日本東洋医学雑誌 65(3), 210-213, 2014
  • NAID 40020186865
  • 繰り返す高度便秘に八味丸が著効した一例
  • 吉田 未央,竹田 眞
  • 日本東洋医学雑誌 65(3), 210-213, 2014
  • … 便秘薬の処方で症状所見に変化は見られず,八味丸を追加投与したところ,9病日に多量の排便が見られ腹満も軽快した。 …
  • NAID 130004706175
  • 東洋堂経験余話 (249) : ▽疲労倦怠感に八味丸料▽高血圧に七物降下湯

関連リンク

八味丸とは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけではありません。
【計量スプーン付き】ウチダの八味丸(うちだのはちみがん)八味地黄丸 500g 5000丸【第2類医薬... 下肢痛、腰痛、しびれ、老人のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみに
以下は健康雑誌「壮快」2001年1月号(マキノ出版/マイヘルス社)に掲載された 記事を要約したものです。 八味丸 老化予防の名薬と呼ばれる 八味丸 (はちみがん) は、高齢者に最も多く処方される有名な漢方薬です。「高齢者の聖薬 ...

関連画像

 沉香八味丸 ( 清心沉香八味丸 錠 八味丸 カネボウ クラシ阜藥 清心沉香八味丸 7.5g*2瓶 心  八味丸 45包 うすき製薬 02P20Nov15阜新蒙药 清心沉香八味丸阜药】 清心沉香八味丸 (3小 八味地黃丸八味丸」の検索結果

添付文書

薬効分類名

  • 漢方製剤・丸剤

販売名

ウチダの八味丸M

組成

本薬6.154g(60丸1日分)中
(乾燥仕上り重量6g)

  • 日局ジオウ     8g
    日局サンシュユ  4g
    日局サンヤク   4g
    日局タクシャ    3g
    日局ブクリョウ   3g
    日局ボタンピ    3g
    日局ケイヒ     1g
    日局ブシ2(炮附子) 1g
    以上の割合で混合し粉末化したもの5.128gを含有する。
  • 添加物として日局ハチミツを含有する。

効能または効果

  • 疲れやすくて,四肢が冷えやすく,尿量減少または多尿で口渇がある次の諸症;

下肢痛,腰痛,しびれ,老人のかすみ目,かゆみ,排尿困難,頻尿,むくみ.

  • 1回2g (20丸)
  • 成人1日3回 食前又は食間に経口投与する.
  • なお症状により適宜増減する.

慎重投与

  • 体力の充実している患者[副作用があらわれやすくなり、その症状が増強されるおそれがある。]
  • 暑がりで、のぼせが強く、赤ら顔の患者[心悸亢進、のぼせ、舌のしびれ、悪心等があらわれることがある。]
  • 著しく胃腸の虚弱な患者[食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐、腹痛、下痢、便秘等があらわれることがある。]
  • 食欲不振、悪心、嘔吐のある患者[これらの症状が悪化するおそれがある。]


★リンクテーブル★
リンク元漢方製剤」「八味地黄丸」「ブクリョウ」「ジオウ」「ボタンピ
拡張検索八味丸料エキス」「八味丸エキス」「八味丸料

漢方製剤」

  [★]

販売されている漢方製剤

ツムラの漢方製剤

ツムラ# 名称
1 カッコントウ
2 カッコントウカセンキュウシンイ
3 オツジトウ
5 アンチュウサン
6 ジュウミハイドクトウ
7 ハチミジオウガン
8 ダイサイコトウ
9 ショウサイコトウ
10 サイコケイシトウ
11 サイコケイシカンキョウトウ
12 サイコカリュウコツボレイトウ
14 ハンゲシャシントウ
15 オウレンゲドクトウ
16 ハンゲコウボクトウ
17 ゴレイサン
18 ケイシカジュツブトウ
19 ショウセイリュウトウ
20 ボウイオウギトウ
21 ショウハンゲカブクリョウトウ
22 ショウフウサン
23 トウキシャクヤクサン
24 カミショウヨウサン
25 ケイシブクリョウガン
26 ケイシカリュウコツボレイトウ
27 マオウトウ
28 エッピカジュツトウ
29 バクモンドウトウ
30 シンブトウ
31 ゴシュユトウ
32 ニンジントウ
33 ダイオウボタンピトウ
34 ビャツコカニンジントウ
35 シギャクサン
36 モクボウイトウ
37 ハンゲビャクジツテンマトウ
38 トウキシギャクカコシュユショウキョウトウ
39 リョウケイジュッカントウ
40 チョレイトウ
41 ホチュウエッキトウ
43 リックンシトウ
45 ケイシトウ
46 シチモツコウカトウ
47 チョウトウサン
48 ジュウゼンタイホトウ
50 ケイガイレンギョウトウ
51 ジュンチョウトウ
52 ヨクイニントウ
53 ソケイカッケツトウ
54 ヨクカンサン
55 マキョウカンセキトウ
56 ゴリンサン
57 ウンセイイン
58 セイジョウボウフウトウ
59 ヂズソウイッポウ
60 ケイシカシャクヤクトウ
61 トウカクジョウキトウ
62 ボウフウツウショウサン
63 ゴシャクサン
64 シャカンゾウトウ
65 キヒトウ
66 ジンソイン
67 ニョシンサン
68 シャクヤクカンゾウトウ
69 ブクリョウイン
70 コウソサン
71 シモツトウ
72 カンバクタイソウトウ
73 サイカントウ
74 チョウイジョウキトウ
75 シクンシトウ
76 リュウタンシャカントウ
77 キュウキキョウガイトウ
78 マキョウヨクカントウ
79 ヘイイサン
80 サイコセイカントウ
81 ニチントウ
82 ケイシニンジントウ
83 ヨクカンサンカチンピハンゲ
84 ダイオウカンゾウトウ
85 シンピトウ
86 トウキインシ
87 ロクミガン
88 ニジュツトウ
89 ヂダボクイッポウ
90 セイハイトウ
91 チクジョウンタントウ
92 ジインシホウトウ
93 ジインコウカトウ
95 ゴコトウ
96 サイボクトウ
97 ダイボウフウトウ
98 オウギケンチュウトウ
99 ショウケンチュウトウ
100 ダイケンチュウトウ
101 ショウマカッコントウ
102 トウキトウ
103 サンソウニントウ
104 シンイセイハイトウ
105 ツウドウサン
106 ウンケイトウ
107 ゴシャジンキガン
108 ニンジンヨウエイトウ
109 ショウサイコトウカキキョウセッコウ
110 リッコウサン
111 セイシンレンシイン
112 チョレイトウゴウシモツトウ
113 サンオウシャシントウ
114 サイレイトウ
115 イレイトウ
116 ブクリョウインゴウハンゲコウボクトウ
117 インチンゴレイサン
118 リョウキョウジュッカントウ
119 リョウカンキョウミシンゲニントウ
120 オウレントウ
121 サンモツオウゴントウ
122 ハイノウサンキュウトウ
123 トウキケンチュウトウ
124 センキュウチャチョウサン
125 ケイシブクリョウガンカヨクイニン
126 マシニンガン
127 マオウブシサイシントウ
128 ケイヒトウ
133 ダイジョウキトウ
134 ケイシカシャクヤクダイオウトウ
135 インチンコウトウ
136 セイショエッキトウ
137 カミキヒトウ
138 キキョウトウ
501 シウンコウ
3020 コウジンマツ
3023 ブシマツ


八味地黄丸」

  [★]

はちみじおうがん
八味丸
和漢診療学 第2版.293

生薬

病態

  • 太陰病期、虚証。腎虚 (医学辞書)
  • 太陰病期・水滞型、虚証(和漢診療学 第2版.293)

目標

八味地黄丸
  • 中年以降特に高齢者に頻用され、腰部及び下肢の脱力感・冷え・しびれ等があり、排尿の異常(特に夜間の頻尿)を訴える場合に用いる
  • 1)上腹部に比べて下腹部が軟弱無力の場合
  • 2)多尿、頻尿、乏尿、排尿痛等を伴う場合
  • 3)疲労倦怠感、腰痛、口渇等を伴う場合

適応

  • 慢性腎炎、糖尿病、陰萎、坐骨神経痛、腰痛、脚気、膀胱カタル、前立腺肥大、高血圧、浮腫、更年期障害、老人性湿疹、高齢者のかすみ目、五十肩、肩こり
  • 疲労、倦怠感激しく、尿利減少または頻数、口渇し、手足に交互に冷感のあるものの次の諸症:腎炎、糖尿病、陰萎、坐骨神経痛、腰痛、脚気、膀胱カタル、前立腺肥大、高血圧(和漢診療学 第2版.293)

鑑別

慎重投与

  • 1. 体力の充実している患者[副作用があらわれやすくなり、その症状が増強されるおそれがある。]
  • 2. 暑がりで、のぼせが強く、赤ら顔の患者[心悸亢進、のぼせ、舌のしびれ、悪心等があらわれることがある。]
  • 3. 著しく胃腸の虚弱な患者[食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐、腹痛、下痢、便秘等があらわれることがある。]
  • 4. 食欲不振、悪心、嘔吐のある患者[これらの症状が悪化するおそれがある。]

注意

高齢者

  • 生理機能が低下しているので減量など考慮

妊婦、産婦、授乳婦

  • 妊娠または妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい


ブクリョウ」

  [★]

加味帰脾湯エキス加味逍遙散エキス啓脾湯エキス桂枝茯苓丸料エキス五淋散エキス五苓散料エキス四君子湯エキス十全大補湯エキス十味敗毒湯エキス小半夏加茯苓湯エキス真武湯エキス清心連子飲エキス猪苓湯エキス当帰芍薬散加附子エキス当帰芍薬散料エキス二陳湯エキス八味丸半夏厚朴湯エキス半夏白朮天麻湯エキス苓桂朮甘湯エキス苓姜朮甘湯エキス六君子湯エキス六味地黄丸料エキス


ジオウ」

  [★]

温清飲エキス七物降下湯エキス十全大補湯エキス大防風湯エキス八味丸竜胆瀉肝湯エキス龍胆瀉肝湯エキス六味地黄丸料エキス


ボタンピ」

  [★] 加味帰脾湯エキス加味逍遙散エキス桂枝茯苓丸料エキス六味地黄丸料エキス大黄牡丹皮湯エキス八味丸


八味丸料エキス」

  [★]

漢方製剤八味丸料


八味丸エキス」

  [★]

漢方製剤八味丸


八味丸料」

  [★]

八味丸料エキス



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡