全後彎

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 体幹伸展筋への治療的電気刺激が筋力や歩容に及ぼす影響
  • 畠山 和利,松永 俊樹,三澤 晶子,佐藤 峰善,千田 聡明,島田 洋一,大高 稿兵,巖見 武裕,渡邉 基起,飯塚 清美
  • 日本理学療法学術大会 2008(0), C3P2476-C3P2476, 2009
  • … したので報告する.<BR>【対象および方法】対象は当院整形外科にて骨粗鬆症の診断を受けた脊椎圧迫骨折を伴う高齢女性5例で、平均年齢80.1歳、平均身長145.3cm、平均体重52.1kgである.姿勢分類は全例で全後彎であった.治療的電気刺激前後における体幹前傾角度の変化と歩行速度を3次元動作解析装置VICON(Oxford Metrics社製)で測定した.体幹前傾角度はC7棘突起、上後腸骨棘、上前腸骨棘のなす角とし、静的立位お …
  • NAID 130004580870
  • 脊柱後彎姿勢を呈する高齢者の姿勢修正時の腰椎可動性と体幹筋力比の関係
  • 篠原 博,浦辺 幸夫,坂光 徹彦,山中 悠紀,大林 弘宗,山本 竜
  • 日本理学療法学術大会 2008(0), C3P2357-C3P2357, 2009
  • … <BR>【方法】対象は脊柱後彎姿勢を呈する高齢者47名(男性11名、女性36名)とした.平均年齢は77.8±6.4歳、身長は151.0±6.3cm、体重は54.4±8.9kgであった.対象を仲田の分類(1987)を参考に健常群、円背群、全後彎群に分類した.脊柱の椎体間の角度を体表面上から測定できるSpinal Mouse(idiag AG、 Switzerland)を用い、安静坐位、体幹自己修正坐位、上肢支持による体幹修正坐位(以下、上肢修正坐位)にて腰椎角を測定 …
  • NAID 130004580759

関連リンク

ルまで達していた.また,尾側への広がりは,尾側に 行くに従い筋内背側へ移行し,多くの例で仙骨レベル まで達していた.本研究では,腰椎疾患の責任高位と して最多であるL4/5レベルを標的として全後枝ブ ロックの刺入レベルを ...
脊柱変形と 筋硬結・圧痛点の関係 秋田県 ほのぼの苑 マッサージ師 佐藤 順 佐藤 貴子 小玉 弘之(MD) ... 結果 (1980 有田) 円背型 凹円背型 全後弯型 亀背型 平背型 凹背型 4例 1例 10例 5例

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡