免疫芽球性リンパ節症

出典: meddic

immunoblastic lymphadenopathy, IBL
異常蛋白血症を伴う血管免疫芽球性リンパ節症 angio-immunoblastic lymphadenopathy with dysproteinemia AILD血管免疫芽球性リンパ節症 angio-immunoblastic lymphadenopathy angioimmunoblastic lymphadenopathy AILリンパ肉芽腫症X lymphogranulomatosis X免疫異形成症 immunodysplastic diseaseリンパ異形成症候群 lymphodysplastic syndrome
免疫芽球


  • T細胞性の非ホジキンリンパ腫


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 免疫芽球性リンパ節症様Tリンパ腫の再発時に hemophagocytic syndrome を合併した1例
  • 免疫芽球性リンパ節症に出現した異常γ鎖の免疫化学的特性

関連画像

 免疫芽球性T細胞リンパ腫,e


★リンクテーブル★
先読みIBL
リンク元血管免疫芽球性T細胞リンパ腫」「AILD」「AIL」「angioimmunoblastic lymphadenopathy」「angio-immunoblastic lymphadenopathy
拡張検索異常蛋白血症を伴う血管免疫芽球性リンパ節症」「血管免疫芽球性リンパ節症
関連記事免疫」「リン」「芽球」「リンパ節症」「

IBL」

  [★]


血管免疫芽球性T細胞リンパ腫」

  [★]

angioimmunoblastic T-cell lymphoma, AITL
免疫芽球性リンパ節症
[show details]


参考

  • 1. [charged] Clinical manifestations, pathologic features, and diagnosis of angioimmunoblastic T-cell lymphoma - uptodate [1]


AILD」

  [★] 免疫芽球性リンパ節症異常蛋白血症を伴う血管免疫芽球性リンパ節症 angio-immunoblastic lymphadenopathy with dysproteinemia

AIL」

  [★] 免疫芽球性リンパ節症血管免疫芽球性リンパ節症 angioimmunoblastic lymphadenopathy angio-immunoblastic lymphadenopathy


angioimmunoblastic lymphadenopathy」

  [★] 免疫芽球性リンパ節症血管免疫芽球性リンパ節症 AIL angio-immunoblastic lymphadenopathy


angio-immunoblastic lymphadenopathy」

  [★] 免疫芽球性リンパ節症血管免疫芽球性リンパ節症 AIL angioimmunoblastic lymphadenopathy

異常蛋白血症を伴う血管免疫芽球性リンパ節症」

  [★] 免疫芽球性リンパ節症


血管免疫芽球性リンパ節症」

  [★] 免疫芽球性リンパ節症


免疫」

  [★]

immunity, immune
免疫系

免疫の種類 (PT.246-251)

  主に関与するリンパ球 働き リンパ節での局在
細胞免疫 T細胞 (1)免疫の活性化 傍皮質
(2)抗原を有する細胞への攻撃
液性免疫 B細胞 抗体産生 皮質

T細胞の種類

細胞の種類 補レセプター 抗原を提示する細胞 MHC抗原
キラーT細胞(Tc) CD8 抗原提示細胞 MHCクラスI
ヘルパーT細胞(Th) CD4 全ての細胞 MHCクラスII

ヘルパーT細胞の種類

T細胞 関連する因子 産生する物質 機能
Th1 IL-12

 増殖

IL-2,IFN-γなど 細胞性免疫を促進'

 (1)キラーT細胞NK細胞マクロファージを活性化  (2)遅延型過敏反応により自己免疫疾患に関与

Th2 IL-4

 Th→Th2

IL-4,IL-5,IL-6,IL-10など 液性免疫を促進'

 (1)B細胞好酸球肥満細胞に作用。  (2)即時型アレルギーに関与



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





芽球」

  [★]

blast cell, blast
イモチ病芽細胞芽球細胞

骨髄芽球性白血病


リンパ節症」

  [★]

lymphadenopathy
リンパ節リンパ節腫脹リンパ節炎



症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡