免疫芽球

出典: meddic

immunoblast
免疫芽細胞



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 Paraneoplastic acral vascular syndromeを合併した血管免疫芽球性T細胞リンパ腫の1例
  • 楠葉 展大,大橋 理加,辻岡 馨 [他]
  • 臨床皮膚科 66(6), 452-456, 2012-05
  • NAID 40019323024
  • 血管免疫芽球性T細胞リンパ腫の診断と治療 (造血器腫瘍学 : 基礎と臨床の最新研究動向) -- (リンパ系腫瘍の臨床)
  • 飛内 賢正
  • 日本臨床 70 (1018 増刊2), 525-530, 2012-04
  • NAID 40019282811

関連リンク

症状 皮膚の痒み、発熱、盗汗、体重低下などを示し、また皮疹をはじめ肝腫及び脾腫、全身性リンパ節腫脹といったものも多く見られます。T細胞レセプター遺伝子の単クローン性再構成、CD4陽性T細胞増殖などリンパ節生検にて確認 ...
【重要なお知らせ】 現在クレジットカード決済でのご購入がご利用いただけません。ご不便をおかけしまして大変申し訳ございません。 論文購入をご希望の方は下記までご連絡いただけますようお願い申し上げます。 株式会社サンメディア
血管免疫芽球性T細胞リンパ腫(angioimmunoblastic T cell lymphoma; AITL)は、T細胞由来の悪性リンパ腫の一種です。T細胞リンパ腫はB細胞リンパ腫に比して発症頻度が低いですが、AITLはT細胞リンパ腫の中では比較的多くみられる ...

関連画像

immunoblast


★リンクテーブル★
リンク元血管免疫芽球性T細胞リンパ腫」「形質芽細胞」「前形質細胞」「免疫芽細胞
拡張検索免疫芽球性リンパ節症」「免疫芽球性リンパ腫」「大細胞型免疫芽球性リンパ腫」「びまん性リンパ腫免疫芽球型」「免疫芽球性肉腫
関連記事免疫」「」「芽球

血管免疫芽球性T細胞リンパ腫」

  [★]

angioimmunoblastic T-cell lymphoma, AITL
免疫芽球性リンパ節症
[show details]


  • 中年
  • 末梢血中に異型リンパ球、形質細胞、免疫芽球
  • 発熱、全身リンパ節腫脹、皮疹、溶血性貧血
  • 多クローン性高ガンマグロブリン血症

参考

  • 1. [charged] Clinical manifestations, pathologic features, and diagnosis of angioimmunoblastic T-cell lymphoma - uptodate [1]


形質芽細胞」

  [★]

plasmablastplasmoblast
形質芽球免疫芽球


前形質細胞」

  [★]

proplasmocyte
免疫芽球


免疫芽細胞」

  [★]

immunoblast
免疫芽球


免疫芽球性リンパ節症」

  [★]

immunoblastic lymphadenopathy, IBL
異常蛋白血症を伴う血管免疫芽球性リンパ節症 angio-immunoblastic lymphadenopathy with dysproteinemia AILD血管免疫芽球性リンパ節症 angio-immunoblastic lymphadenopathy angioimmunoblastic lymphadenopathy AILリンパ肉芽腫症X lymphogranulomatosis X免疫異形成症 immunodysplastic diseaseリンパ異形成症候群 lymphodysplastic syndrome
免疫芽球


  • T細胞性の非ホジキンリンパ腫


免疫芽球性リンパ腫」

  [★]

immunoblastic lymphoma
びまん性リンパ腫免疫芽球型 diffuse lymphoma, immunoblastic type
免疫芽球性肉腫


大細胞型免疫芽球性リンパ腫」

  [★]

large-cell immunoblastic lymphoma
免疫芽球肉腫免疫芽球性大細胞型リンパ腫


びまん性リンパ腫免疫芽球型」

  [★]

diffuse lymphoma, immunoblastic type
免疫芽球性リンパ腫


免疫芽球性肉腫」

  [★]

immunoblastic sarcoma
免疫芽球性リンパ腫 lymphoma


免疫」

  [★]

immunity, immune
免疫系

免疫の種類 (PT.246-251)

  主に関与するリンパ球 働き リンパ節での局在
細胞免疫 T細胞 (1)免疫の活性化 傍皮質
(2)抗原を有する細胞への攻撃
液性免疫 B細胞 抗体産生 皮質

T細胞の種類

細胞の種類 補レセプター 抗原を提示する細胞 MHC抗原
キラーT細胞(Tc) CD8 抗原提示細胞 MHCクラスI
ヘルパーT細胞(Th) CD4 全ての細胞 MHCクラスII

ヘルパーT細胞の種類

T細胞 関連する因子 産生する物質 機能
Th1 IL-12

 増殖

IL-2,IFN-γなど 細胞性免疫を促進'

 (1)キラーT細胞NK細胞マクロファージを活性化  (2)遅延型過敏反応により自己免疫疾患に関与

Th2 IL-4

 Th→Th2

IL-4,IL-5,IL-6,IL-10など 液性免疫を促進'

 (1)B細胞好酸球肥満細胞に作用。  (2)即時型アレルギーに関与



球」

  [★]

bulbus (KH)
bulbus cerebri
延髄


  • 延髄はその膨らんだ感じから「球」とも呼ばれる


芽球」

  [★]

blast cell, blast
イモチ病芽細胞芽球細胞

骨髄芽球性白血病




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡