免疫溶菌反応

出典: meddic

immune bacteriolysis


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

C5b6789は『細胞膜障害性複合体』あるいは膜侵襲複合体(membrane-attack complex : MAC)といわれ、細菌の表面に取り付き細胞膜を破壊する。この働きを免疫 溶菌反応、または免疫溶菌現象という。細菌の感染に対して好中球の貪食と並び重要 な機構で ...
補体機構の最終産物C5b6789は別名細胞膜障害性複合体とも言い、感染した細胞や 感染源の細胞膜を破壊することで、サイトリシスや溶菌を起こす。これを免疫溶菌現象、 あるいは免疫溶菌反応といい、細菌への防御においては好中球の貪食と並び重要な ...

関連画像

全身疾患誘発のメカニズム溶血(菌)反応における補体の では、どんなものがこの 赤血球の本来の働きは酸素を


★リンクテーブル★
関連記事免疫」「反応」「溶菌」「免疫溶菌

免疫」

  [★]

immunity, immune
免疫系

免疫の種類 (PT.246-251)

  主に関与するリンパ球 働き リンパ節での局在
細胞免疫 T細胞 (1)免疫の活性化 傍皮質
(2)抗原を有する細胞への攻撃
液性免疫 B細胞 抗体産生 皮質

T細胞の種類

細胞の種類 補レセプター 抗原を提示する細胞 MHC抗原
キラーT細胞(Tc) CD8 抗原提示細胞 MHCクラスI
ヘルパーT細胞(Th) CD4 全ての細胞 MHCクラスII

ヘルパーT細胞の種類

T細胞 関連する因子 産生する物質 機能
Th1 IL-12

 増殖

IL-2,IFN-γなど 細胞性免疫を促進'

 (1)キラーT細胞NK細胞マクロファージを活性化  (2)遅延型過敏反応により自己免疫疾患に関与

Th2 IL-4

 Th→Th2

IL-4,IL-5,IL-6,IL-10など 液性免疫を促進'

 (1)B細胞好酸球肥満細胞に作用。  (2)即時型アレルギーに関与



反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答



溶菌」

  [★]

bacterial lysis, bacteriolysis, lysis



免疫溶菌」

  [★]

immune bacteriolysis





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡