免疫染色

出典: meddic

immunostainingimmunostain
免疫染色法

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/05 23:31:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Parasitic leiomyomaが示唆された大網腫瘍の一例
  • 長野 佑衣子,湯浅 典博,竹内 英司,後藤 康友,三宅 秀夫,永井 英雅,吉岡 裕一郎,宮田 完志,安藤 智子,渡邉 緑子
  • 日赤医学 = The Japanese Red Cross Medical Journal 66(2), 459-463, 2015-09-01
  • … 切除標本の病理組織学的検索では、異型に乏しい紡錘形細胞が束状構造を示して増殖し、免疫染色ではdesmin 陽性、estrogen receptor 陽性、progesteron receptor 陽性、Ki67+ 細胞は1% 未満で平滑筋腫と診断された。 …
  • NAID 120005649905
  • 興味深いIDUS所見を示した中部胆管原発のいわゆる癌肉腫の1例
  • 海野 純,朝倉 徹,山本 康央,松浦 真樹,蒲 比呂子,富永 現,赤羽 武弘,乙供 茂,藤島 史喜,高橋 徹
  • 日赤医学 = The Japanese Red Cross Medical Journal 66(2), 448-452, 2015-09-01
  • 免疫染色では上皮マーカーと間葉系マーカーの両者に陽性を示し、Sarcomatoid carcinoma(so-calledcarcinosarcoma)と診断された。 …
  • NAID 120005649903
  • シンポジウム 悪性胸膜中皮腫 : 病理診断の困難さ
  • 廣島 健三
  • 日本職業・災害医学会会誌 = Japanese journal of occupational medicine and traumatology 63(4), 215-218, 2015-07
  • NAID 40020555819

関連リンク

免疫染色 【免疫染色とは】 免疫染色(Immunostaining)とは、抗体を用いて実験サンプル中の抗原のみを検出する手法です。 抗体による抗原の認識反応は本来目に見えないものですが、これを目に見えるようにし(可視化)、特定の物質 ...
免疫組織化学染色 トラブルシューティング 染色が認められない、あるいは弱い バックグラウンドが高い 考えられる原因 対 策 脱パラフィンが不完全 検体スライドの乾燥 脱パラフィンが不完全 洗浄が不十分 内在性の ...
免疫染色玉手箱についてご紹介します。(株)ニチレイバイオサイエンス事業部では、各種抗体、EIAキット、細胞培養用血清、機能性素材等を扱っております。 ... ニチレイバイオサイエンスは、免疫染色関連製品を提供させて頂いて ...

関連画像

免疫組織染色は、組織中で目的  免疫組織化学染色顕微鏡写真 免疫染色(免疫組織染色 免疫組織化学染色顕微鏡写真免疫組織染色―株式会社 免疫染色 - Immunostaining


★リンクテーブル★
先読みimmunostain
リンク元immunostaining」「免疫染色法
拡張検索蛍光免疫染色
関連記事免疫」「染色

immunostain」

  [★]

  • v.
  • 免疫染色する
immunostaining


immunostaining」

  [★]

immunostain


免疫染色法」

  [★]

immunostaining
免疫染色


蛍光免疫染色」

  [★]

immunofluorescence stainingimmunofluorescent staining
免疫蛍光染色免疫蛍光染色法


免疫」

  [★]

immunity, immune
免疫系

免疫の種類 (PT.246-251)

  主に関与するリンパ球 働き リンパ節での局在
細胞免疫 T細胞 (1)免疫の活性化 傍皮質
(2)抗原を有する細胞への攻撃
液性免疫 B細胞 抗体産生 皮質

T細胞の種類

細胞の種類 補レセプター 抗原を提示する細胞 MHC抗原
キラーT細胞(Tc) CD8 抗原提示細胞 MHCクラスI
ヘルパーT細胞(Th) CD4 全ての細胞 MHCクラスII

ヘルパーT細胞の種類

T細胞 関連する因子 産生する物質 機能
Th1 IL-12

 増殖

IL-2,IFN-γなど 細胞性免疫を促進'

 (1)キラーT細胞NK細胞マクロファージを活性化  (2)遅延型過敏反応により自己免疫疾患に関与

Th2 IL-4

 Th→Th2

IL-4,IL-5,IL-6,IL-10など 液性免疫を促進'

 (1)B細胞好酸球肥満細胞に作用。  (2)即時型アレルギーに関与



染色」

  [★]

staining
染色法





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡