光老化

出典: meddic

photoaging


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Industrial Info. 皮膚におけるアンジオポエチン様因子2の発現とシワ形成への影響
  • 鶴見 純,伊藤 安矢,松本 隆明 [他]
  • 細胞 45(10), 491-494, 2013-09
  • NAID 40019800974
  • 私の考える再生医療(再生医療の進歩,2012年,第53回日本心身医学会総会ならびに学術講演会(鹿児島))
  • 市橋 正光
  • 心身医学 53(8), 728-735, 2013-08-01
  • 再生医療は,疾病や外傷などで機能を障害された組織や臓器をヒト由来,できれば自己由来細胞を用い,完全修復することを目的としている.現在,多様な細胞に分化でき,さらに組織形成まで可能なES細胞やiPS細胞を用いた研究が世界的に展開されている.特にわが国ではiPS細胞の臨床応用が始まろうとしている.しかしながら,iPS細胞を用いた再生医療はまだ患者由来の細胞,あるいは細胞シートを用いるレベルの臨床研究段 …
  • NAID 110009624736
  • サンスクリーン剤の使用法 (特集 ここが知りたい!顔面のRejuvenation : 患者さんからの希望を中心に) -- (Skin Rejuvenation)

関連リンク

光老化による肌の老化とは紫外線によるダメージのこと。紫外線をわずか数分間浴びても肌はダメージを受けます。長年浴び続けることで、しみ、しわ、たるみなどの原因にも。
光老化とは、紫外線に長い期間当たることによって起こるシミや肌のダメージなどの皮膚の障害。美しい肌を保つためには、紫外線と光老化の関係をよく理解することが重要です。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事老化

老化」

  [★]

aging, senescence
加齢




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡