先天性肥厚性幽門狭窄症

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

概要 肥厚性幽門狭窄症は、胃幽門筋の肥厚により胃の出口が狭くなることで胃内容が通過できなくなる原因不明の疾患です。出生1000人に対し、1~2人の頻度で、4~5:1で男児に多く、また第1子に多く現れます。 症状 出生後2週頃から2 ...
先天性肥厚性幽門狭窄症とは。意味や解説。 どんな病気か 胃の出口にある幽門(ゆうもん)部の筋肉(輪状筋(りんじょうきん))が異常に厚くなり(肥厚(ひこう))、通り道が狭くなって、ミルクが通りにくくなったものです。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事肥厚」「幽門狭窄症」「幽門」「肥厚性」「先天性

肥厚」

  [★]

hyperplasiahypertrophyhyperplasythickeningthicken、pachismus
過形成増生肥厚化肥大肥厚部肥大化



幽門狭窄症」

  [★]

pyloric stenosis, pyloristenosis, pylorostenosis
stenosis pylori
先天性幽門狭窄症、先天性幽門閉鎖症、肥厚性幽門狭窄症


-幽門狭窄


幽門」

  [★]

pylorus (KA,Z)
噴門幽門括約筋


  • 胃の出口で、十二指腸との移行部。
  • およそ第1腰椎の高さ。



肥厚性」

  [★]

hypertrophichyperplastic
過形成過形成性肥大症肥大性肥大型

先天性」

  [★]

congenitalcongenitacongenitally
先天先天的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡