先天性素因

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 胸髄に多発した脊髄くも膜嚢腫の1例
  • 久保 勝裕,植田 尊善,芝 啓一郎,森 英治,加治 浩三,弓削 至,河野 修
  • 整形外科と災害外科 57(1), 106-109, 2008
  • … .Th12以下で痛覚,触覚は低下し,両第1足趾の位置覚は消失.両下肢腱反射は亢進.左下肢筋力に低下を認めた.CTMでは左Th8/9,9/10レベルでの脊髄の圧迫が著明であった.この症例に対しTh8-10椎弓切除術,嚢腫摘出術,経くも膜下腔的嚢腫壁開放術,くも膜下腔―くも膜下腔bypass術を施行した.術後は筋力,下肢の位置覚共に回復し,独歩可能となった.くも膜嚢腫の発生には何らかの先天性素因の関与が示唆された. …
  • NAID 130004460704
  • 骨関節疾患とリハビリテーション(<特集>都民公開講座疾病予防とリハビリテーション)
  • 高澤 俊治
  • 順天堂医学 51(2), 202-209, 2005-06-30
  • … ちじるしい高齢化に伴い,加齢により生じる種々の骨・関節の退行性疾患も増加している.その代表として変形性関節症(OA)があり,膝に起こる変形性膝関節症(膝OA)は特に多く見られる.一般的には環境因子と先天性素因が関与するといわれており,環境因子としては,加齢(50歳以上)・女性・体型(肥満)などの関与が示唆される.症状としては,疼痛・可動域制限・O脚変形などが認められる.膝OAの治療法としては1)薬物療法,2)理学 …
  • NAID 110004616623

関連リンク

先天性素因 病的に生まれつきのものとか遺伝性疾患と判るものだけではなく、類似した環境下での思考も大切です。 00 先天性疾患の分類について 先天性疾患とは、生まれた時点ですでに備わっているもので病的な因子が祖先や父 ...
金沢大学附属病院(血液内科・呼吸器内科)のウェブページへようこそ(研修医・入局者募集中) ... (1)先天性血栓性素因 臨床所見として、[1]40歳代以前に静脈血栓症を発症したり、[2]再発性であったり、[3]まれな場所(脳静脈洞血栓 ...

関連画像

 は? 先天性血栓性素因-電子書籍Female, 72-year-old, was referred us 先天性血栓性素因と病態先天性血栓性素因と病態


★リンクテーブル★
関連記事素因」「先天性」「先天

素因」

  [★]

predisposing cause of disease、disposition、predisposing cause、predispositiondiathesisgrounddiathetic
素質 nature, predisposition
素質体質アース基底根拠疾患感受性轢く


先天性」

  [★]

congenitalcongenitacongenitally
先天先天的


先天」

  [★]

congenital
先天性先天的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3