先天性サイロキシン結合グロブリン増加症

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

その中でTBGは血中T4の65%、T3の75%を結合する最も重要な蛋白質である。TBGの分子量はSDS-PAGEにて54kDaの酸性糖蛋白質であり、肝臓で合成、分泌される。血中半減期は約5日である。TBG分子1個につき1個のホルモン ...
2010年05月28日 00:00 freeT4 遊離サイロキシン(FT4) は、甲状腺から分泌されるホルモンです。甲状腺ホルモンは、血中では大部分が蛋白質と結合した結合型で存在します。サイロキシン(T4)においては、遊離型(FT4)の占める割合 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事グロブリン」「結合」「リン」「増加」「サイロキシン

グロブリン」

  [★]

globulin (Z)
ヴェノグロブリンガンマーグロブリンガンマガードガンマグロブリングロブリングロベニンサイモグロブリンサングロポールゼットブリンテタノセーラテタノブリンテタノブリンIHヒスタグロビンベニロンヘパトセーラヘブスブリンヘブスブリンIHポリグロビン乾燥HBグロブリン乾燥はぶ抗毒素乾燥まむし抗毒素抗Dグロブリン抗D人免疫グロブリン抗HBs人免疫グロブリン破傷風グロブリン
アルブミンフィブリノーゲン
  • 肝臓で産生される

機能 (PT.234)

  • α1-グロブリン
    • 組織分解産物や脂質を運搬
  • α2-グロブリン
    • ビタミンやホルモンを運搬
    • α2-グロブリンの一種であるハプトグロビンは溶血により生じたヘモグロビンを捕捉し、尿細管の閉塞を防ぐ
  • βグロブリン
  • γグロブリン


結合」

  [★]

bindingbondlinkageconnectionconjugationconjunctionunionbonding、engagement,
bindassociateconjugatecombineconnectcoupleengagejoindockligateconjoin
会合関係関与関連協同共役組み合わせ結合性結紮結線従事接合接合体同僚ドッキングバインディング複合物付随併用抱合抱合体結びつける約束癒合癒着連関連結連合連鎖連接、連絡、団結組合参加接続一対合併組み合わせるカップル組合せ



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





増加」

  [★]

increaserisegainincrement、(発現量の)up-regulationupregulationincreaserisemultiplyelevate
上げるアップレギュレーション得る獲得ゲイン上昇上方制御増殖増殖期増大繁殖利益増す増える上向き調節発現上昇高める発現増加上がる


サイロキシン」

  [★]

thyroxine, T4, thyroxin (Z)
テトラヨードサイロニン tetraiodothyronine、(薬品名としてはこちらが使われている)チロキシン
甲状腺ホルモンL-thyroxinelevothyroxinelevothyroxine sodium
[show details]





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡