先取り鎮痛

出典: meddic

和文文献

  • 最新原著レビュー 後方経路腰椎椎体間固定術術後疼痛に対する先取り鎮痛法の比較研究 : 持続モルヒネ皮下投与法単独とくも膜内モルヒネ微量投与との併用法
  • 不動化に陥る前の運動が疼痛発生に及ぼす影響:─ラットを用いたトレッドミル走での検討─

関連リンク

医療教育情報センター 先制鎮痛(先取り鎮痛) 元来痛みは生体にとって防御的な作用があり、身体内に潜む種々の疾患を発見する兆候として重視されてきたが、がん末期患者に見られる痛みはいつまで続くのかわからない慢性疼痛で ...
マウスの実験でブラジキニンB2受容体拮抗薬による先取り鎮痛効果が確認されました マウスの足底の皮膚と筋膜を切開する「術後疼痛モデルマウス」に、ブラジキニンのB2受容体拮抗薬(HOE-140)を投与すると、明確な先取り鎮痛効果が ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「鎮痛

痛」

  [★]

pain
痛み疼痛

鎮痛」

  [★]

analgesia
疼痛




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡