傷病別年次推移表

出典: meddic

○ 急性リウマチ熱

各年10月

 

年次 推計患者数 (単位:千人) 受療率 (人口10万対) 総患者数
総数 入院 外来 入院 外来 (単位:千人)
昭和59年 0.4 0.1 0.4 0 0
昭和62年 0.3 0.1 0.2 0 0 1
平成2年 0.3 0.0 0.2 0 0 2
平成5年 0.1 0.0 0.1 0 0 1
平成8年 0.1 0.0 0.1
平成11年 0.1 0.0 0.1
平成14年 0.1 0.0 0.0
平成17年 0.0 0.0 0.0
傷病分類
       
         
         
         
        基計
         
         
         
ICDコード

昭和59年~平成5年

390-392

平成8年~

I00-I02

× 心疾患(高血圧性のものを除く)

各年10月

 

年次 推計患者数 (単位:千人) 受療率 (人口10万対) 総患者数
総数 入院 外来 入院 外来 (単位:千人)
昭和59年 213.8 59.3 154.5 49 128
昭和62年 216.3 63.4 152.9 52 125
平成2年 240.2 67.7 172.5 55 140 1596
平成5年 228.2 64.8 163.4 52 131 1606
平成8年 250.2 66.4 183.8 53 146 2039
平成11年 228.7 63.5 165.2 50 130 1845
平成14年 200.2 59.4 140.8 47 110 1667
平成17年 202.8 60.2 142.6 47 112 1658
傷病分類
  大計      
         
         
         
     
         
         
         
ICDコード

昭和59年~平成5年

390-398,410-429      心臓併発症の記載のないリウマチ熱

・除脈を含む

(分類が異なるため、年次比較はできない)

平成8年~

I01-I02.0,I05-I09,I20-I25,I27,I30-I52

○ 高血圧性疾患

各年10月

 

年次 推計患者数 (単位:千人) 受療率 (人口10万対) 総患者数
総数 入院 外来 入院 外来 (単位:千人)
昭和59年 658.8 44.9 613.8 37 511
昭和62年 642.7 41.0 601.8 33 492
平成2年 685.2 38.9 646.3 32 523 6104
平成5年 699.9 34.6 665.3 28 533 6395
平成8年 739.4 29.1 710.3 23 564 7492
平成11年 672.6 21.6 651.0 17 514 7186
平成14年 607.5 13.7 593.9 11 466 6985
平成17年 655.8 11.6 644.2 9 504 7809
傷病分類
     
         
         
         
   
         
         
         
ICDコード

昭和59年~平成5年

401-405

平成8年~

I10-I15

× 虚血性心疾患

各年10月

 

年次 推計患者数 (単位:千人) 受療率 (人口10万対) 総患者数
総数 入院 外来 入院 外来 (単位:千人)
昭和59年 126.1 30.5 95.5 25 79
昭和62年 124.4 32.6 91.8 27 75
平成2年 138.7 34.4 104.3 28 84
平成5年 124.8 32.3 92.5 26 74 913
平成8年 139.1 32.3 106.8 26 85 1190
平成11年 123.8 28.6 95.2 23 75 1067
平成14年 100.5 24.3 76.1 19 60 911
平成17年 94.6 20.9 73.7 16 58 863
傷病分類
     
         
         
         
   
         
         
         
ICDコード

昭和59年~平成5年

410-414

(分類が異なるため、年次比較はできない)

平成8年~

I20-I25    心筋梗塞の続発合併症を含む

○ 狭心症

各年10月

 

年次 推計患者数 (単位:千人) 受療率 (人口10万対) 総患者数
総数 入院 外来 入院 外来 (単位:千人)
昭和59年 39.3 8.5 30.7
昭和62年 43.5 10.3 33.2
平成2年 57.6 12.4 45.2
平成5年 70.1 15.1 55.0 547
平成8年 86.3 16.5 69.8 13 55 780
平成11年 80.0 15.7 64.3 12 51 727
平成14年 71.9 13.7 58.2 11 46 691
平成17年 67.8 11.8 56.0 9 44 648
傷病分類
       
         
         
         
       
         
         
         
ICDコード

昭和59年~平成5年

413

平成8年~

I20

× 急性心筋梗塞及び再発性心筋梗塞

各年10月

 

年次 推計患者数 (単位:千人) 受療率 (人口10万対) 総患者数
総数 入院 外来 入院 外来 (単位:千人)
昭和59年 18.0 8.1 9.9 7 8
昭和62年 17.6 8.3 9.3 7 8 94
平成2年 19.4 9.3 10.2 7 8 109
平成5年 17.6 8.4 9.2 7 7 110
平成8年 15.6 7.8 7.8 6 6 103
平成11年 12.5 6.2 6.3 5 5 82
平成14年 9.3 5.7 3.7 4 3 51
平成17年 8.4 5.3 3.1 4 2 41
傷病分類
     
         
         
         
       
         
         
         
ICDコード

昭和59年~平成5年

410        心筋梗塞の発症から8週以内

(分類が異なるため、年次比較はできない)

平成8年~

I21-I22     心筋梗塞の発症から4週以内

○ 陳旧性心筋梗塞

各年10月

 

年次 推計患者数 (単位:千人) 受療率 (人口10万対) 総患者数
総数 入院 外来 入院 外来 (単位:千人)
昭和59年 2.9 1.0 1.9
昭和62年 3.5 1.2 2.2
平成2年 5.4 1.8 3.6
平成5年 6.0 2.2 3.7 47
平成8年 10.9 3.1 7.8 2 6 104
平成11年 9.6 2.8 6.8 2 5 96
平成14年 7.9 2.4 5.4 2 4 81
平成17年 9.6 2.2 7.4 2 6 105
傷病分類
       
         
         
         
     
         
         
         
ICDコード

昭和59年~平成5年

412

平成8年~

I25.2

関連リンク

傷 病 名 頁 傷病分類 年次 比較 ICD-9 ICD-10 ICD-10 コード あ 新生児呼吸窮(促)迫症候群〈IRDS〉 P22.0 68 基 基 急性及び亜急性心内膜炎 I33 46 基計 基計 リンパ節,部位不明(悪性腫瘍 ...
I 調査の概要 1患者調査の概要 2用語の解説及び使用上の注意 II 結果の概要 結果の概要 [1,077KB] 1傷病別年次推移表の目次 2傷病別年次推移表 参考表 参考表 [217KB] 1参考表の目次 2参考表 平成23年患者調査(傷病分類編)の ...
平成23年患者調査(傷病分類編)の調査データです。細かな傷病分類ごとの推定患者数がわかります。≫平成23年 患者調査(傷病分類編)1傷病別年次推移表の目次2傷病別年次推移表 人口動態・保健社会統計課 保健統計室 患者 ...
再来患者の平均診療間隔の年次推移,傷病分類×施設の種類別(昭和54年~平成5年) 6-2 再来患者の平均診療間隔の年次推移,傷病分類×施設の種類別(平成8年~20 7-1 退院患者平均在院日数の年次 推移,年齢階級別(昭和 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元狭心症
関連記事推移

狭心症」

  [★]

angina pectoris AP
[[]]

定義

  • 冠動脈血量が不十分で、心筋の酸素需要に対して十分な酸素を供給できていないときに生じる胸痛発作 (SPC.226)

疫学

  • 厚生労働省:平成17年患者調査報告(傷病分類編):傷病別年次推移表
[display]http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/05syoubyo/suiihyo24.html

病態

  • 血管が75%以上狭窄すると症状が出現してくるらしい。(参考1)
  • 負荷時の冠血流量は狭窄率が70%を越えると著明に低下する。安静時の肝血流は狭窄率が90%を越えると著明に低下する。(PHD.148)

症状

  • 胸痛(絞扼感、圧迫感)が数分持続。30分以上続く場合は心筋梗塞の疑い
  • 前胸部を締め付ける様な痛み。痛みの局在性は悪く、左肩、左内腕、顎、背部に放散する。背部痛や上腹部痛もありうる。
  • 糖尿病患者、高齢者(感覚低下あるいは認知症などによる)、精神病患者

分類

誘因

経過

発生機序

診断

問診

  • S: sudden onset : 突然発症
  • A: anterior chest pain: 前胸部痛
  • V: vagus pain : 不快な前胸部圧迫感
  • E: effort participation : 労作により誘発
  • N: nitroglycerin effective : ニトログリセリンが有効
  • S: short duration : 短時間発作

治療薬 (抗狭心症薬)

参考

  • 1.
http://www.agu-web.jp/~seminar/archives/2009/05/images/1256258430.pdf




推移」

  [★]

transition
移行遷移転移トランジション移行期変遷




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡