催奇形因子

出典: meddic

teratogen, teratogenic factor
催奇形性物質、催奇形物質奇形発生因子催奇形剤


L.138

催奇形因子 先天異常
感染因子 風疹 白内障,緑内障,心臓異常,聾,歯異常
サイトメガロウイルス 小頭症,盲目,精神発達遅滞,胎児死亡
単純ヘルペスウイルス 小眼球症,小頭症,網膜異形成
水痘ウイルス 肢低形成,精神発達遅滞,筋萎縮
HIV 小頭症,発育遅延
トキソプラズマ症 水頭症,大脳実質石灰化,小眼球症
梅毒 精神発達遅滞,聾
物理的因子 X線 小頭症,脊椎裂,口蓋裂,四肢の異常
高熱 無脳症
化学的因子 サリドマイド 四肢の異常,心臓異常
アミノプテリン 無脳症,水頭症,唇裂と口蓋裂
ジフェニルヒダントイン(フェニトイン) 胎児性ヒダントイン症候群:顔面異常,精神発達遅滞
バルプロ酸 神経管異常,心,頭蓋顔面,肢異常
トリメタジオン 口蓋裂,心臓異常,泌尿生殖器と骨格の異常
リチウム 心臓異常
アンフェタミン 唇裂と口蓋裂,心臓異常
ワルファリン 軟骨形成不全,小預症
ACE阻害薬 発育遅延,胎児死亡
コカイン 発育遅延,小頭症,行動異常,腹壁破裂
アルコール 胎児性アルコール症候群,短眼険裂,上顎骨発育不全,心臓,異常,精神発達遅滞
イソトレチノイン(ビタミンA) ビタミンA胚子病:小さい異常な形をした耳,下顎骨発育不全,口蓋裂,心臓異常
有機水銀 脳性麻痺類似の神経症状
発育遅延,神経学的障害
ホルモン 男性化ホルモン(工チステロン,ノル工チステロン) 女性生殖器男性化:陰唇の癒着,陰核肥大
ジエチルスチルベストロール(DES) 子宮,卵管,および腟上部の異常;腟癌;精巣異常
母親の糖尿病 さまざまな種類の異常;心臓と神経管の異常が最も一般的

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 14)先天異常児(19.新生児の管理と治療,D.産科疾患の診断・治療・管理,研修コーナー)
  • 平原 史樹
  • 日本産科婦人科學會雜誌 61(1), "N-11"-"N-14", 2009-01-01
  • NAID 110007027328
  • マウス二次口蓋形成と遺伝子改変マウスに発症する口蓋裂
  • 田谷 雄二,添野 雄一,島津 徳人,青葉 孝昭
  • 歯科基礎医学会雑誌 41(6), 531-539, 1999-12-20
  • NAID 110003166109
  • 唇裂口蓋裂を対象とした催奇形因子に関する症例対照研究 : 妊娠初期の就労が母体環境に及ぼす影響について
  • 足立 忠文,古郷 幹彦,岡田 元,田中 晋,松矢 篤三,井戸 正利,姉川 詔子,土生川 洋,山口 秀美
  • 大阪大學齒學雜誌 = The Journal of Osaka University Dental Society 41(2), 350-356, 1996-12-10
  • NAID 10016343815
  • 四肢誘発奇形におけるマウス掌蹟皮膚紋理の特徴について-催奇形因子によるパターンの相違-
  • 下國 英樹,津金 瑞代,安田 峯生
  • 日本手の外科学会雑誌 = The Journal of Japanese Society for Surgery of the Hand 11(6), 871-874, 1995-02-28
  • NAID 10008942247

関連リンク

栄養・生化学辞典 催奇形因子の用語解説 - 胎児に奇形を起こさせる因子....
胎児に奇形を引き起こすことを催奇形性といい、薬や放射線など奇形を起こす可能性の あるもののことを催奇形因子と呼びます。催奇形因子には薬の他にも風疹や水痘などの ウイルス感染、糖尿病による高血糖、葉酸摂取不足、39度以上の発熱などさまざまな ...

関連画像

 催奇形因子がごろごろあります


★リンクテーブル★
先読みteratogen
リンク元胚子期」「バルプロ酸」「器官形成期」「催奇形剤」「催奇形物質
関連記事催奇形」「奇形」「催奇」「」「因子

teratogen」

  [★]


WordNet   license wordnet

「any agent that interferes with normal embryonic development: alcohol or thalidomide or X-rays or rubella are examples」

胚子期」

  [★]

embryonic period
器官形成期 period of organogenesis
胚子
  • 発生学:発生3週~8週。発生3~9週(妊娠5~11週)
  • 三胚葉が特定の器官や組織を形成する
  • 第2ヶ月末までに外形的な特徴がはっきりする。
  • 主要な臓器が形成されるため、催奇形因子により先天異常を起こしやすい

  • 定義はまちまち。 L.81

1

原胚子期 受精卵期 受精~第1週末
胚子期 胚芽期 第2週初~第8週末
胎児期 第9週初~出産

2

前胚子期(前胚葉期、前分化期)   受精~第3週
胚子期 第4週~第8週
胎児期 第9週~出産

3

胚子期 受精~第2週
胎児期 第3週~出産


バルプロ酸」

  [★]

valproic acid
ジプロピル酢酸 dipropylacetic acid
バルプロ酸ナトリウム sodium valproate, valproate sodium
エピレナートサノテンセレニカRプロモーションセレブデパケンハイセレニンバルデケンRバルプラムバレリンDepakene, Depakote, Epival
てんかんバルプロ酸ナトリウム中毒



特徴

作用機序

  • GABAトランスアミナーゼを阻害(SPC.187) 

薬理作用

  • GABAの異化を抑制→GABAの濃度↑
  • 全ての型のてんかんに作用するが、特に欠神発作によく効く (SPC.187)

注意

  • 催奇性有り(催奇形因子)

副作用

  • 比較的少ない
  • 肝障害

参考

  • セレブシロップ5%
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1139004Q1097_2_02/1139004Q1097_2_02?view=body
  • デパケンR錠100/デパケンR錠200
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1139004G1024_1_16/1139004G1024_1_16?view=body

臨床関連



器官形成期」

  [★]

organogenic period
器官原基形成期
胎児期催奇形因子
  • 胎生3-8週 (NGY.374)


催奇形剤」

  [★]

teratogen
催奇形因子催奇形物質


催奇形物質」

  [★]

teratogen
催奇形因子催奇形剤

催奇形」

  [★]

teratogenicityteratogenesisteratogenicteratogenetic
奇形発生催奇催奇形性催奇性

奇形」

  [★]

malformation (L), anomaly, deformity, teratism
先天異常先天奇形



催奇」

  [★]

teratogenic
催奇形催奇形性催奇性

子」

  [★]

child
子供雑種小児小児用

因子」

  [★]

factor
要因要素ファクター



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡