傍十二指腸乳頭憩室

出典: meddic

peripapillary duodenal diverticulum
憩室


和文文献

  • PC-1-168 傍十二指腸乳頭憩室と胆管結石症の検討
  • 石井 辰明,金 仁沫,宇田 憲司,室 雅彦,井谷 史嗣,吉鷹 知也,太田 和美,西川 敏雄,成末 允勇
  • 日本消化器外科学会雑誌 35(7), 1277, 2002-07-01
  • NAID 110001294184
  • III-178 重篤な合併症を併発した傍十二指腸乳頭憩室症例の経験
  • 黒田 久弥,佐々木 英人,伊藤 彰博,加藤 弘幸,長沼 達史,藤森 健而
  • 日本消化器外科学会雑誌 31(2), 725, 1998-02-01
  • NAID 110001328214

関連リンク

要旨:十二指腸傍乳頭部憩室には, Lemmelが報告したpapillen syndromeに示される ように肝, 胆道, 膵に影響を及ぼすものが存在する.その後のLemmel症候群の解釈は 傍乳頭部憩室そのものが機能的, 機械的に黄疸や膵炎を惹起する症候群で, 胆石症, ...


★リンクテーブル★
関連記事十二指腸」「乳頭」「憩室」「

十二指腸」

  [★]

duodenum (Z)
消化器系小腸


解剖

first portion 上部、球部
second portion 下行部
third portion 水平部
fourth portion 上行部

上部

-superior part
KA. 291,311,312
KH. 170

血管

下行部 descending part

KA. 297

血管

水平部

horizontal part
KA. 297
KH. 170

血管

上行部

ascending part
KH. 170

血管

組織

1 2 3 4 5 6
上皮 上皮表層の構成細胞 粘膜固有層 腺の構成細胞 粘膜筋板 粘膜下組織筋層 漿膜/外膜
単層円柱上皮 吸収上皮細胞、杯細胞(ムチンノーゲン分泌)、
内分泌細胞、M細胞
腸腺 吸収上皮細胞、杯細胞、
幹細胞、内分泌細胞、
パネート細胞
内輪層、外縱層 ブルンネル腺
(分枝管状胞状腺、
アルカリ性の粘液、
ウロガストロン産生)
内輪筋層
外縱筋層
漿膜 外膜
(下行部水平部)



乳頭」

  [★]

nipple, papilla
papilla mammae
乳房


位置

  • 鎖骨中線のあたりであって、T4-T5肋骨の間、すなわち第4肋間隙にある(♂)、と思われる。
  • 上記の位置は、性差・個体差あり(KL.265)

臨床関連

  • 胸骨圧迫(心臓マッサージ):圧迫部位は両乳頭のを結ぶ線と胸骨が交わる部位である。胸骨のやや下部となる。


憩室」

  [★]

diverticulum



室」

  [★]

ventricleventriculusventriculiventricular
心室心室性脳室




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡