健生病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 津軽保健生活協同組合 健生病院

url

理念

  • 1.「患者の権利」を守る立場で医療活動を実践します。2.「医療の安全」を最優先し、「医療の向上」に努めます。3.医療生協の病院として「協同の営み」としての医療(=参加型医療)の実践を目指します。4.「救急とリハビリ」を病院医療の柱として地域社会に貢献します。5.医療従事者として「平和の尊さ」を地域社会に広く訴えます。

住所

  • 〒036-8054 弘前市野田2丁目2-1

診療の特徴、実績

  • 健生病院の特徴は「無差別・平等の医療」を基本理念としており、全病床で「差額」がありません。また「いつでもどこでも親切で良い医療」をもうひとつの大きな理念と位置づけ、地域の救急医療に全力を上げて取り組んでいます。救急車受入総数は約1,700件で、弘前管内の総救急搬送数の30%にあたります。また、健生病院ERの年間総受診者数は19,000人を超えています。その他にリハビリ医療にも積極的に取り組み、質の高いリハビリ医療を提供しています。

電子カルテ

  • オーダリングのみ

一日平均入院患者数

  • 282.0人

一日平均外来患者数

  • 192.3人

平均在院日数(一般/精神)

  • 16.4日/0.0日

年間分娩件数

  • 292件(平成21年1月?21年12月実績)

年間剖検件数

  • 5件(平成21年1月?21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/1回

当院の救急医療の特徴

  • 救急外来(ER)では救急専従医3名を配置し、夜間は当直2?3名で年間約21,000名、救急車約1,700台を担当しており、津軽地域で一番多くの救急患者を受け入れている。精神科疾患、交通事故なども多く搬送されている。救急研修2ヶ月間、指導医とマンツーマンで研修できる。昨年は「ER?update in 沖縄」に多数の研修医が参加した。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全診療科

一日平均救急外来患者数

  • 59.9人(平成21年1月?平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 4.7人(平成21年1月?平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 65人(平成21年1月?平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り(当直料25,000円(救急指定加算・週末加算各2,000円)、日直料24,000円(救急指定加算)。副当直は当直料の半額(研修初年は副当直期間))

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 2人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

  • 一年次は指導医と共に副当直研修を行う。ステップアップ方式で段階的に当直を行い、独り立ちOSCE終了後、二年次から指導医と共に当直独り立ちとなる。

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 初期研修期間は、医師としてのスタートを切る非常に重要な時期と言えます。現在の日本の卒前教育では、国家試験の直後には頭の中に医学知識がぎっしり詰まっていますが、たとえ風邪のようなCommon Diseaseであっても、患者様をどのように診察し、どういう処方をすればいいのか全くわからないまま、医師の免許を持つことになります。したがって、2年間の初期研修が将来どのような医師として成長していくかを左右することになり、とても大切な期間になります。また、研修期間中は人間としての成長も大事であり、それは、先輩医師や同僚、医療スタッフ、更に患者様やご家族の方々の援助なしには達成することができません。健生病院では、上記に加えて医療生協の優位性を生かし、生協の班会への参加を研修で位置づけています。ぜひ実習・見学に来て下さい。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 青森県にある健生病院は、病院全体として初期研修を極めて高く位置づけており、研修到達目標について意思統一がされていること、スタッフも含めて研修医を育てることに積極的なこと、忙しい中でも指導医の時間を保障し指導体制をつくっていること、研修医が学習会や会議、合宿などを企画し、お互い励まし合いながら学んでいること、研修医の意見が研修改善のために重視され反映されること、学会への参加も保障されること、給料や休暇など待遇面が充実していて研修に専念できる環境が整っていること、救急やCommon Diseaseも多く、もちろん主治医として責任を持つこと等々、良い点はたくさんあります。全体的には今の日本の中では一定レベル以上の研修になっていると言えると思います。

和文文献

  • FDG-PETが診断に有用であった非ヘルペス性亜急性脳炎の1例
  • 國吉 保孝,加村 梓,安田 すみ江,田代 実,高橋 幸利
  • 日本小児科学会雑誌 115(10), 1554-1559, 2011-10-01
  • NAID 10029836443

関連リンク

「救急とリハビリ」を柱に医療活動を展開する、津軽保健生活協同組合【健生病院】の公式サイト。 ... 健生病院は、疾病の治療だけにとどまらず、リハビリテーションから予防・健康増進にいたる包括的な医療活動を展開しています。
リハビリ職員就職説明会のお知らせ 肺炎球菌ワクチン予防接種行ってます。骨密度測定をしてみませんか? ... 088-622-7771 770-8547 徳島県徳島市下助任町4丁目9 徳島健康生活協同組合 徳島健生病院 FAX 088-653-8480

関連画像

健生病院白根健生病院/理建設計が建替 大分健生病院大分健生病院



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡