促通拡散

出典: meddic

facilitated diffusion
促進拡散




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臓器における糖代謝とその調節 腎臓 (新時代の糖尿病学(1)病因・診断・治療研究の進歩) -- (糖尿病基礎研究の進歩 糖代謝とその調節機序)
  • 浦 信行,山下 智久
  • 日本臨床 66(-) (935), 314-317, 2008-05
  • NAID 40016048795
  • 脳微小血管の機能調節
  • 小林 英幸,横尾 宏毅,柳田 俊彦,和田 明彦
  • 日本薬理学雑誌 119(5), 281-286, 2002-05-01
  • … 限する一方で,血液と脳の間における栄養素,イオン,水,酸素等の輸送を行う.近年,脳微小血管に存在する輸送体分子の実体と,それらの病態における変化が明らかになりつつある.脳微小血管には,促通拡散型のGLUT1がグルコーストランスポーターの主要なサブタイプとして,アクアポリン4が水輸送を行う分子として,p-糖タンパクが異物排出トランスポーターとして発現している.脳微小血管内皮細胞間のタイ …
  • NAID 10008992029

関連リンク

1 理論的背景; 2 いろいろな拡散. 2.1 生物学における拡散. 2.1.1 促進拡散; 2.1.2 呼吸 器での拡散. 2.2 物質の拡散; 2.3 原子の拡散; 2.4 ブラウン運動; 2.5 電子の拡散; 2.6 運動量の拡散; 2.7 浸透; 2.8 光子の拡散; 2.9 逆拡散; 2.10 熱伝導; 2.11 強制拡散 ...
この現象が拡散である。拡散によって乱雑さを示すエントロピーは増大し、ギブス エネルギーは減少するため系全体として安定化する。単純拡散の輸送速度はフィックの 法則により導かれる。輸送体を介さない輸送方法であるため、物質が高濃度になっても 輸送 ...

関連画像

図5. 運動時のインターロイキン 厚生労働省のサイト から


★リンクテーブル★
先読み促進拡散
リンク元グルコース輸送体」「受動拡散」「受動輸送
関連記事拡散

促進拡散」

  [★]

facilitated diffusion, accelerated diffusion
担体輸送


グルコース輸送体」

  [★]

glucose transporter, GLUT, glucose transporters
ブドウ糖輸送担体、 糖輸送体 糖輸送担体 sugar transporter

GLUTの種類

GLUT 発現部位 機能
GLUT1 赤血球、脳、筋肉、脂肪、その他。×肝臓  
GLUT2 肝臓、脾臓β細胞 KM≒60mM、hexokinase IV(glucokinase)(50kDa)
GLUT3 脳、神経 グルコース需要が多い場所で発現
GLUT4 筋と脂肪組織のみ インスリン→Vmax↑。KM=2-5mM、hexokinase II(100kDa)
GLUT5 小腸上皮管腔側 フルクトースの受動輸送
GLUT7 肝臓小胞体 G6Pの脱リン酸化に関与(FB. 453)


-GLUT
-GLUT


受動拡散」

  [★]

passive diffusion
拡散


  濃度勾配 エネルギー 飽和
受動拡散 passive diffusion 従う 不要 しない
能動拡散 active diffusion 逆らう 必要 する
促通拡散 facilitated diffusion 従う 不要 する


受動輸送」

  [★]

passive transport
促通拡散単純拡散



拡散」

  [★]

diffusion








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡