便失禁

出典: meddic

fecal incontinence, faecal incontinence
incontinentia alvi
大便失禁腸失禁 bowel incontinence
[show details]



-fecal incontinence


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/05 02:32:12」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 今はこうする! 便失禁ケアシステムの有用性と使用・管理のポイント : 皮膚障害や感染を予防する便失禁ケアシステムとは (特集 クリティカルケア領域における下痢管理 いま,下痢の管理を再考する!)
  • 便失禁に対する新規治療法 : 仙骨神経刺激療法の有用性 (特集 第68回広島医学会総会) -- (受賞論文の要旨)
  • 療養病床において経管栄養を受ける高齢者の排便の実態と下痢に関連する要因
  • 老年看護学 : 日本老年看護学会誌 20(2), 83-91, 2016-01-31
  • NAID 110010042422

関連画像

2cmメール便240円でご利用 写真9 尿、便失禁は意識障害を 無料】失禁パンツ 女性用 失禁 便失禁に 仙骨神経刺激療法 し この ため 便 失禁 を 来す 便失禁も超ロング3層パッドで


★リンクテーブル★
国試過去問108E055
リンク元会陰裂傷」「腸失禁
関連記事失禁

108E055」

  [★]

  • 20歳の男性。意識障害のため搬入された。約 1時間前に自殺目的で有機リン系殺虫剤を約 500 ml飲んだことが判明している。救急隊からの連絡によると、救急車内での意識レベルは JCSIII-300。体温 36.0℃。脈拍 80 /分、整。血圧 110/72 mmHg。呼吸数 10/分。 SpO2 100% (リザーバー付マスク 10 l/分酸素投与下 )。救急外来への搬入時に嘔吐し、尿失禁便失禁とがあり、有機溶媒臭が漂っている。
  • まず行うべき対応はどれか。
  • a 除染
  • b 血圧測定
  • c 拮抗薬投与
  • d 制吐薬投与
  • e 緊急血液透析


[正答]


※国試ナビ4※ 108E054]←[国試_108]→[108E056

会陰裂傷」

  [★]

perineal laceration, laceration of the perineum, perineal tear
ruptura perinei

分類

G10M.265
  会陰皮膚・膣粘膜 筋層 肛門括約筋 肛門粘膜・直腸粘膜  
第1度       会陰部の皮膚、膣壁粘膜表面
第2度     皮膚+筋肉
第3度   肛門括約筋
第4度 肛門+直腸粘膜

治療

  • 第1度:自然治癒、縫合
  • 第2度~:縫合
  • 直腸膣瘻、直腸会陰瘻の続発:炎症が治まるのを待ち瘢痕治癒後4-6ヶ月後、再手術(NGY.462 G10M.265)

後遺症


腸失禁」

  [★]

bowel incontinence
便失禁


失禁」

  [★]

incontinence




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1ミタゾラム 効果 16
2pud 16
3Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 10
6多毛日本 9
7ハントコスニック 8
81,320,568,24 HTTP/1.1 8
9日常生活自立度 7
10prolapse of uterus 7
11血友病C 7
12user/register 6
13ルリッシュ症候群 5
14Salivary glands 5
15脳卒中リハ 阻害因子 5
16 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
17サイズの原理 筋電図 5
18viraldeath解剖 5
19角化棘細胞腫 5
20vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
2ルリッシュ症候群 5
3vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4
4ノンスロン 作用 3
5上腕骨 肘頭窩 2
61〜2才 推定エネルギー必要 2
7気管支原生嚢胞 疼痛 2
8Trigeminal nerve 2
9気管支廉縮 2
10SVPC 2
11山崎邦正のペロニー病をなおした病院 2
12ヘーリング反対色説 2
131,1024,768,24 HTTP/1.1 1
14dungeon 1
15ピトレシン 投与量 1
16ギプスシーネ 1
17重炭酸ナトリウム 経口投与 1
18下額呼吸 1
19ジメチルイソプロピルアズレン 1
20ケタミン 1