便失禁

出典: meddic

fecal incontinence, faecal incontinence
incontinentia alvi
大便失禁腸失禁 bowel incontinence
[show details]



-fecal incontinence


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/05 02:32:12」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 今はこうする! 便失禁ケアシステムの有用性と使用・管理のポイント : 皮膚障害や感染を予防する便失禁ケアシステムとは (特集 クリティカルケア領域における下痢管理 いま,下痢の管理を再考する!)
  • 便失禁に対する新規治療法 : 仙骨神経刺激療法の有用性 (特集 第68回広島医学会総会) -- (受賞論文の要旨)
  • 療養病床において経管栄養を受ける高齢者の排便の実態と下痢に関連する要因
  • 老年看護学 : 日本老年看護学会誌 20(2), 83-91, 2016-01-31
  • NAID 110010042422

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
国試過去問108E055
リンク元会陰裂傷」「腸失禁

108E055」

  [★]

  • 20歳の男性。意識障害のため搬入された。約 1時間前に自殺目的で有機リン系殺虫剤を約 500 ml飲んだことが判明している。救急隊からの連絡によると、救急車内での意識レベルは JCSIII-300。体温 36.0℃。脈拍 80 /分、整。血圧 110/72 mmHg。呼吸数 10/分。 SpO2 100% (リザーバー付マスク 10 l/分酸素投与下 )。救急外来への搬入時に嘔吐し、尿失禁便失禁とがあり、有機溶媒臭が漂っている。
  • まず行うべき対応はどれか。
  • a 除染
  • b 血圧測定
  • c 拮抗薬投与
  • d 制吐薬投与
  • e 緊急血液透析


[正答]


※国試ナビ4※ 108E054]←[国試_108]→[108E056

会陰裂傷」

  [★]

perineal laceration, laceration of the perineum, perineal tear
ruptura perinei

分類

G10M.265
  会陰皮膚・膣粘膜 筋層 肛門括約筋 肛門粘膜・直腸粘膜  
第1度       会陰部の皮膚、膣壁粘膜表面
第2度     皮膚+筋肉
第3度   肛門括約筋
第4度 肛門+直腸粘膜

治療

  • 第1度:自然治癒、縫合
  • 第2度~:縫合
  • 直腸膣瘻、直腸会陰瘻の続発:炎症が治まるのを待ち瘢痕治癒後4-6ヶ月後、再手術(NGY.462 G10M.265)

後遺症


腸失禁」

  [★]

bowel incontinence
便失禁




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡