供与菌

出典: meddic

和文文献

  • 腸球菌の高頻度接合伝達性プラスミド
  • 富田 治芳
  • 日本細菌学雑誌 64(2), 343-355, 2009-12-25
  • … フェロモン反応性プラスミドは受容菌の生産するペプチドフェロモン(性フェロモン)に供与菌が反応し,プラスミド上にコードされる凝集物質の誘導発現により供与菌と受容菌との安定な接合対が形成され高頻度で接合伝達が行われる。 …
  • NAID 10027208714
  • 魚病原細菌Photobacterium damselae subsp. piscicida の薬剤耐性の接合伝達
  • 森井 秀昭,西端 一朗,筒井 康正 [他],Uramoto Kiyoko,Kanai Kinya,Bharadwaj Manish S.
  • 長崎大學水産學部研究報告 84, 53-63, 2003-03
  • … 他方、伝達された100kbプラスミドは供与菌でも確認されたが、50kbプラスミドは確認できなかった。 …
  • NAID 110000987097

関連リンク

溶血性連鎖球菌の一種Enterococus faecalisには、プラスミド受容菌が分泌するペプチド″性フェロモン″により、供与菌と受容菌の凝集が誘導され、その伝達を活性化されるプラスミドが他種類存在する。これらのプラスミドはそれぞれ ...
Streptococcus faecalis の産生する性フェロモンとプラスミドの接合伝達 37 る。しかも, 性フェロモンと供与菌の培養時間が90~ 120分 後に伝達頻度が恒常となる。II. 供与菌が産生する凝集物質 (aggregation substance ; AS) の性質

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
関連記事」「供与

菌」

  [★]

fungusfungimicrobial
菌類真菌真菌類微生物


供与」

  [★]

donationdonate
寄付提供寄付金




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡