何首烏

出典: meddic

かしゅう、カシュウ
polygonum multiflorum root


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/20 15:19:15」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 漢方基礎講座 生薬の薬効・薬理シリーズ(89)カシュウ(何首烏)
  • 生薬図鑑 何首烏(カシュウ) Polygoni Multifori Radix
  • 130 難治性の特発性血小板減少性紫斑病に何首烏の加方が有用であった一例
  • 新谷 卓弘,地野 充時,長山 紀子,西本 隆
  • 日本東洋醫學雜誌 50(6), 170, 2000-05-23
  • NAID 110004001536

関連リンク

何首烏 (かしゅう、カシュウ):ツルドクダミの塊根。唐時代の中国では不老長寿の薬として有名でした。 我が国では八代将軍吉宗が中国から苗を取り寄せ全国に栽培させたのが、伝来の経緯といわれる。 名前の由来は何首烏という人の ...
漢方四方山話(生薬)の何首烏に関する用語説明です。いらっしゃいませ、効き目の良い漢方薬をいかがですか?ご注文お待ちしています!東京都江戸川区ハル薬局です。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡