体表面電位図法

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 体表面電位図によるカテーテルペースマッピングのための診断システムの開発
  • 山口 珠緒,近松 均,近藤 貴久,木下 優,上出 真一,森 秀雄,永井 伸枝,渡辺 靖之,嶋地 健,加藤 千雄,安井 直,菱田 仁,渡邉 佳彦
  • 心電図 18(1), 20-32, 1998
  • 体表面電位図法を応用し, カテーテルペースマッピングにおける波形類似性の評価を定量的に行う方法を検討した.右室心尖部・流出路・左室心尖部・後基部領域において, ペーシング部位を5mmステップで移動させて心内膜ペーシングを行い, 体表面電位図 (87誘導点法) を記録した.記録されたpaoed QRSをA/D変換し, ペーシング部位の異なる2つのQRSデータの相関係数を87誘導点すべてにおいて求め, これらの平均値 (meanr) …
  • NAID 130004244870
  • 臨床 心臓磁界測定による心室性期外収縮の心室最早期興奮部位の推定
  • 野村 昌弘,中屋 豊,若槻 哲三,三好 由貴子,岸 史子,斎藤 憲,伊東 進,中安 紀美子,西谷 弘,松崎 健司,上野 慎一,田村 逸朗,和田 昌夫,藤田 智,高江 勉
  • 心臓 25(8), 907-913, 1993
  • … 推定される心室性期外収縮発生源と比較した.QRS開始20msecの時点における磁界分布図から電流源の位置を推定すると,体表面電位図から推定される発生源とほぼ一致した.心磁図法は,磁界勾配より電流dipoleそのものを三次元的にベクトル解析でき,心磁図法と心電図同期MRI断層法を併用した心室性期外収縮発生源の位置推定は,体表面電位図法ならびに心臓電気生理学的検査と相補的に新たな知見を提供し得ると考えられた. …
  • NAID 130004412974
  • 31)体表面電位図法によるWPW症候群の検討 : 日本循環器学会第85回東北地方会
  • 松岡 一志,三浦 傅,阿部 豊彦,斉藤 崇,鈴木 泰,湯浅 伸郎,池田 成昭,金沢 知博,阿部 忠昭
  • Japanese circulation journal 50(SupplementI), 65, 1986-12-20
  • NAID 110002651266

関連リンク

昭和62年度厚生省心身障害研究 「小児期の主な健康障害要因に関する研究」 体表面電位図法によるファ・一四徴症術後の 外科的完全右脚ブロック障害部位診断め検討 (分担研究=不整脈の管理指針及び心術鋒 の ...
31)体表面電位図法によるWPW症候群の検討 : 日本循環器学会第85回東北地方会

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事電位」「表面」「」「図法

電位」

  [★]

voltagepotentialelectrical potentialelectric potential
可能可能性潜在的ボルテージポテンシャル有望電圧


表面」

  [★]

surfacefacesuperficial
直面表在表在性表層性外面的表面上向かう

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


図法」

  [★]

diagram methodprojection
投影式投射投影




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡