体温調節可能温度域

出典: meddic

thermoregulatory range


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

体温を調節するしくみを基準に動物を分類すると、周囲の環境条件に寄らずほぼ一定の 体温を維持することの出来る恒温動物と、周囲の環境の温度の変化に応じて体温が 変化する変温動物の二種類に区分されることが多い。しかし、恒温動物と変温動物の ... 行動)をあげることができる。着用による保温性の向上で体温低下に備えるほか、太陽 光の遮蔽や通気の調節で体温上昇に抗することも可能である。 ...

関連画像

 温度で遠赤外線を放射します体温調節の神経回路 - 脳科学 日本最大級のスポーツサイクル アドレナリン投与による熱産生 生理学研究所/メディアの皆様 図2 免疫を担うマクロファージ

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
リンク元thermoregulatory range
関連記事体温」「可能」「調節」「体温調節」「温調節

thermoregulatory range」

  [★] 体温調節可能温度域


体温」

  [★]

body temperature
発熱



  • 口腔温:36.8±0.4 ℃
  • 部位:直腸(口腔温度より0.4℃高い) > 口腔 > 腋窩
  • 時間:夕方(18時)>朝(6時) 差は0.5℃

臨床関連

  • 体温の異常
  • 病態の診断基準
  • SIRSの診断基準:37℃より±1℃より大きいまたは小さいこと。すなわち、>38℃ or <36℃


可能」

  [★]

possiblepotentialcapablefeasible
ありうる可能性潜在的、できる、電位ポテンシャル有能もっともらしい、能力のある、有望実行可能


調節」

  [★]

regulation, (眼科)accommodation(水晶体による)
調和等能系



体温調節」

  [★]

thermoregulation, body-temperature regulation
体温



温調節」

  [★]

heat regulationheat control
温度調節




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡