体液分布

出典: meddic

body fluid distribution



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 90日間6度ヘッドダウンベッドレストによる模擬微小重力環境が身体組成および体液分布に与える影響 (第126回成医会総会一般演題)

関連リンク

これは、すみやかに体内に拡散して代謝や排泄が行われにくい標識物質を一定量投与 し、平衡状態に達したときの濃度から各体液量を算出する方法である。 全体液量の測定 には、標識物質として細胞内外に均一に分布するアンチピリンや重水が使用される。
  • Microsoft PowerPoint -

    これは、すみやかに体内に拡散して代謝や排泄が行われにくい標識物質を一定量投与 し、平衡状態に達したときの濃度から各体液量を算出する方法である。 全体液量の測定 には、標識物質として細胞内外に均一に分布するアンチピリンや重水が使用される。
    体液の分布. ∎ 体液のスペースを3つ. ∎ 細胞内、細胞外(血管内、血管外=3rd space) . ∎ 体液の移動は3つ. ∎ イン、アウト、シフト. 血漿と間質液は透過性の高い毛. 細血管 壁で隔てられているので、. タンパク以外は同じイオン組成。 間質は正常では陰 ...

    21\314

    これは、すみやかに体内に拡散して代謝や排泄が行われにくい標識物質を一定量投与 し、平衡状態に達したときの濃度から各体液量を算出する方法である。 全体液量の測定 には、標識物質として細胞内外に均一に分布するアンチピリンや重水が使用される。
    体液の分布. ∎ 体液のスペースを3つ. ∎ 細胞内、細胞外(血管内、血管外=3rd space) . ∎ 体液の移動は3つ. ∎ イン、アウト、シフト. 血漿と間質液は透過性の高い毛. 細血管 壁で隔てられているので、. タンパク以外は同じイオン組成。 間質は正常では陰 ...

    11t

    これは、すみやかに体内に拡散して代謝や排泄が行われにくい標識物質を一定量投与 し、平衡状態に達したときの濃度から各体液量を算出する方法である。 全体液量の測定 には、標識物質として細胞内外に均一に分布するアンチピリンや重水が使用される。
    体液の分布. ∎ 体液のスペースを3つ. ∎ 細胞内、細胞外(血管内、血管外=3rd space) . ∎ 体液の移動は3つ. ∎ イン、アウト、シフト. 血漿と間質液は透過性の高い毛. 細血管 壁で隔てられているので、. タンパク以外は同じイオン組成。 間質は正常では陰 ...

    01E

    これは、すみやかに体内に拡散して代謝や排泄が行われにくい標識物質を一定量投与 し、平衡状態に達したときの濃度から各体液量を算出する方法である。 全体液量の測定 には、標識物質として細胞内外に均一に分布するアンチピリンや重水が使用される。
    体液の分布. ∎ 体液のスペースを3つ. ∎ 細胞内、細胞外(血管内、血管外=3rd space) . ∎ 体液の移動は3つ. ∎ イン、アウト、シフト. 血漿と間質液は透過性の高い毛. 細血管 壁で隔てられているので、. タンパク以外は同じイオン組成。 間質は正常では陰 ...

    27A

    これは、すみやかに体内に拡散して代謝や排泄が行われにくい標識物質を一定量投与 し、平衡状態に達したときの濃度から各体液量を算出する方法である。 全体液量の測定 には、標識物質として細胞内外に均一に分布するアンチピリンや重水が使用される。
    体液の分布. ∎ 体液のスペースを3つ. ∎ 細胞内、細胞外(血管内、血管外=3rd space) . ∎ 体液の移動は3つ. ∎ イン、アウト、シフト. 血漿と間質液は透過性の高い毛. 細血管 壁で隔てられているので、. タンパク以外は同じイオン組成。 間質は正常では陰 ...

    11t.ppt - SQUARE

体液の分布. ∎ 体液のスペースを3つ. ∎ 細胞内、細胞外(血管内、血管外=3rd space) . ∎ 体液の移動は3つ. ∎ イン、アウト、シフト. 血漿と間質液は透過性の高い毛. 細血管 壁で隔てられているので、. タンパク以外は同じイオン組成。 間質は正常では陰 ...

関連画像

编辑 摘要 体液 body fluid 包括 宇宙飛行 は 非常 に 危険 が  体液 シフト を 起こし 頭 方向体液分布示意图体液の分布体液分布示意图


★リンクテーブル★
リンク元サードスペース
関連記事体液」「分布」「

サードスペース」

  [★]

third space
体液分布

概念

参考

  • wiki en
  • [display]http://en.wikipedia.org/wiki/Fluid_compartments


体液」

  [★]

body fluid
細胞外液細胞内液


体液と血液の容量 ICU.184

  男性 女性
体液 600 mL/kg 500 mL/kg
 全血液 66 mL/kg 60 mL/kg
  血漿 40 mL/kg 36 mL/kg
  赤血球 26 mL/kg 24 mL/kg

体液の区分

  • 成人で体重の60%
  • 体液はさらに血漿・組織液・細胞内液に分類される
    • 血漿  :5%
    • 組織液 :15%
    • 細胞内液:40%
  • 体液のうち、血漿のみが外部環境との連絡がある。すなわち開放系である。
  • 血漿と組織液は濾過、浸透により物質が移動する

体液の組成

  • 図:SP.761, PT.3
  • 細胞外:Na+,Cl*が多い
  • 細胞内:K+が多い
  • 組織液:タンパク質が少ない

体液の恒常性

  • 組成・量・浸透圧・pHはほぼ一定に保たれている
  • 血漿電解質の正常値
    • Na 139*146 mEq/l
    • Cl 101*109 mEq/l
    • K 3.7*4.7 mEq/l
    • Ca 8.5*10.2 mg/dl
    • P 2.5*4.5 mg/dl
  • 血漿のタンパクの正常量
    • TP 8.5 g/dl ←Total protein
    • Alb 4.5 g/dl
    • Globulin 3.0 g/dl

体液(水分)の出納

摂取 排出
食物 1100 ml 尿 1400 ml
飲水 1100 ml 不感蒸散 1000 ml
代謝水 300 ml 大便 100 ml
合計 2500 ml 合計 2500 ml

血漿浸透圧の正常値

    • 275*290 mOsm/kg・H2O
    • 血漿浸透圧の算出

  血漿浸透圧(mOsm/kg・H2O) = 2[Na]+BS/18+BUN/2.8

   [Na]:(mEq/l)

  BS  :blood suger, 血糖 (mg/dl)   BUN :blood urea nitrogen, 血中尿素窒素 (mg/dl)

    • 血漿pHの正常値

  7.35*7.45   Henderson*Hasselbalchの式 (この式の導出はSP.767)    pH=pK+log([HCO3*]/αPCo2)

      • アシドーシス
      • アルカローシス

体液の動態

1.血漿と組織液の間の移動

  • 連続型毛細血管が血管と組織を隔てている→小さな分子は通し、大きな分子は通さない
  • 血漿と組織液の間で体液の移動を考える際の要素は「静水圧(厳密には違う)」と「膠質浸透圧」である
静水圧 膠質浸透圧
細動脈 細静脈
血漿 30mmHg 10mmHg 25mmHg
間質   ≒0mmHg 5mmHg
  • SP.580*も参考に。

リンパ循環

  • SP.583*も参考に。
  • 毛細血管→組織液 20 l/day
  • 組織液→毛細血管 18 l/day
  • 組織液→リンパ循環 2 l/day

2.組織液と細胞内液の間の移動

  • 組織液と細胞内液の間で体液の移動を考える際の要素は、「化学的平衡」と「電気的平衡」である。



分布」

  [★]

distribution



布」

  [★]

cloth
布地




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3