体外受精

出典: meddic

in vitro fertilization IVF, extracorporal fertilization
受精




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/20 19:05:17」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 日本一の牛群造り : 高育種価牛を用いたOPU-IVFによる受精卵生産の取り組み(経膣採卵・体外受精における尾椎硬膜外腟への卵胞刺激ホルモン1回投与の有効性)
  • 繁殖技術 = Technic for animal reproduction 36(1), 13-20, 2016-06
  • NAID 40020869775
  • 国内情報 牛体外受精卵移植の現場 : 体外受精卵移植技術者情報交換会から
  • P3-56-7 体外受精胚移植周期の黄体補充用プロゲステロン膣用ゲル剤COL-1620 8%第III相多施設共同非盲検単一群試験(Group 121 ART・周産期予後,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会)

関連リンク

体外受精で妊娠率を上げている大谷レディスクリニックでの体外受精の流れをお伝えします。 大谷レディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に ...
体外受精の基礎知識やリスク、費用などの情報サイトです。 ... 体外受精(IVF)、顕微授精(ICSI)は日々進歩し、妊娠率も向上しています。 治療をしていくうえで、体外受精・顕微授精の内容・流れ・リスクなど不安に思うことが多い ...

関連画像

体外受精の過程、不妊治療の 体外受精の流れAIH.gif体外受精とは | 不妊治療・不妊 体外受精-胚移植の流れ体外受精とは卵と精子を体外で


★リンクテーブル★
国試過去問107A010」「101F002」「108H011」「106G037
リンク元人工授精」「external fertilization」「fertilization in vitro」「IVF」「体外授精
拡張検索体外受精-胚移植
関連記事受精

107A010」

  [★]

  • 我が国の不妊症の現状について正しいのはどれか。
  • a 出生500人に約1人が体外受精児である。
  • b 女性不妊の頻度は男性不妊の約5倍である。
  • c 40歳代女性の不妊症の頻度は約10%である。
  • d 同年齢層では体外受精の流産率は自然妊娠よりも高い。
  • e 女性の加齢とともに体外受精による妊娠率は低下する。


[正答]


※国試ナビ4※ 107A009]←[国試_107]→[107A011

101F002」

  [★]

  • a. 妊婦貧血の発症率が高い。
  • b. 1卵性双胎は1絨毛膜性双胎となる。
  • c. 妊娠高血圧症候群の発症率は単胎と差がない。
  • d. 体外受精の結果発生する双胎のほとんどは2卵性である。
  • e. 2絨毛膜性双胎は1絨毛膜性双胎に比較して周産期のリスクが高い。
[正答]


※国試ナビ4※ 101F001]←[国試_101]→[101F003

108H011」

  [★]

  • 医学の歴史的発見と発見者名の組合せで正しいのはどれか。
  • a 通仙散―――――――――貝原益軒
  • b 体外受精 ―――――――― Edward Jenner
  • c ワクチン ―――――――― Barry Marshall
  • d ペニシリン ――――――― Alexander Fleming
  • e Helicobacterpylori ―――― Robert Edwards


[正答]


※国試ナビ4※ 108H010]←[国試_108]→[108H012

106G037」

  [★]

  • 体外受精胚移植の適応となるのはどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 106G036]←[国試_106]→[106G038

人工授精」

  [★]

artificial insemination, artificial fertilization
子宮内授精 intrauterine insemination IUI
体外受精


分類


external fertilization」

  [★]

  • 体外受精
fertilization in vitroin vitro fertilizationIVF

fertilization in vitro」

  [★]

  • 体外受精
external fertilizationin vitro fertilizationIVF

IVF」

  [★] 体外受精 in vitro fertilization

体外授精」

  [★]

  • 誤用。正しくは体外受精

体外受精-胚移植」

  [★]

in vitrofertilization-embryo transfer IVF-ET, in vitro fertilization embryo transfer
受精


排卵誘発・胚移植

参考1
  • 1. ロングプロトコール法
  • GnRHアゴニスト、hMG or FSH、hCG
  • (1)高温相5-7日からGnRHアゴニストを投与して内因性のFSH,LHの分泌を(一度はflare upによって増加するが)抑制する。(2)卵胞期に入ってから、連日hMG、もしくはFSHの投与を行う。(3)hCGの投与により卵胞を成熟させて、36時間後に採卵を行う。(4)胚移植後に黄体ホルモンを投与し肺の着床を促進する。
  • 2. ショートプロトコール法
  • GnRHアゴニスト、hMG or FSH、hCG
  • クロミフェン+FSH/hMG併用療法
  • GnRHアンタゴニスト法

参考

  • 1.
http://www.koshida-cl.or.jp/ivf-icsi_ovarian-stimulation.html
  • 2. クリニカルカンファレンス3 生殖医療のup-to-date 3)調節卵巣刺激法 - 日産婦誌62巻9号
http://www.jsog.or.jp/PDF/62/6209-141.pdf

受精」

  [★]

fertilization


妊娠との関係

  • 精子の生存時間:30-45時間
  • 卵生の生存時間:6-24時間
排卵から約2日以内は妊娠する可能性がある。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡