低吸収域

出典: meddic


low density

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 敗血症性肺塞栓および肝膿瘍を併発した Fusobacterium necrophorum による Lemierre 症候群の1例
  • 山本 栄治,深江 智明,河合 康史,神尾 学,本多 英喜,福味 禎子,中川 充,松永 敬一郎,沼田 裕一
  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 34(5), 431-437, 2011-10-31
  • … 野に浸潤影を認めたため,クラリスロマイシン内服を開始.症状改善せず,第8病日に抗菌薬をパズフロキサシンへ変更.胸腹部CTにて両側肺に複数の不整小斑状結節像を認め,肝右葉上部に径3 cm強の円形低吸収域を認めた.血液培養よりFusobacterium necrophorumを検出し,敗血症性肺塞栓ならびに肝膿瘍を伴ったFusobacterium敗血症(Lemierre症候群)と診断した.第10病日より,抗菌薬をパズフロキサシンからアンピシリン/ス …
  • NAID 10029898216
  • 肺転移を伴わず多発肝転移を形成し肝細胞癌との鑑別診断に苦慮した肉腫化腎細胞癌の1剖検例
  • 上村 博輝,石川 達,樋口 和男,今井 径卓,渡辺 孝治,関 慶一,太田 宏信,吉田 俊明,上村 朝輝,武田 敬子,石原 法子,野本 実,青柳 豊
  • 肝臓 52(9), 607-616, 2011-09-25
  • … 肝胆道系酵素の上昇を認め,腹部造影CTで肝S8濃度低下,左腎下極に低吸収域を認めた.腹部MRIにて肝両葉に小結節の散在が認められ,腫瘍生検にて肝細胞癌あるいは腎細胞癌肝転移と診断されたが確定診断には至らなかった.肝細胞癌に準じた治療を施行するも進行早く第22病日死亡.剖検所見では上皮成分の腎淡明細胞癌が肉腫様変性を生じ,肺転移を形成せずに広汎な壊死を伴った急速な多発肝転移を呈した腎細胞 …
  • NAID 10029688180

関連リンク

【ベストアンサー】CT画像は簡単に言うと「人体におけるX線の吸収の違い」によって 画像化しているものです。 X線は原子番号の大きいものほど吸収されやすい特徴があります。 CT画像上 ...
②CTで黒い(Kuroi)ところを低吸収域という:梗塞(Kousoku)、脳脊髄液(水)、脂肪 形について ①急性硬膜下(カ)血腫:三日(カ)月型、( )吸収域 ②急性硬膜外血腫:凸レンズ型、( )吸収域 ③慢性硬膜下血腫:三日月型~凸レンズ型 、高 ...

関連画像

xanthogranulomatous cholecystitis低吸収域スクリーンショット 2014-01-10 14 低吸収域型(両側性)低吸収域型(両側性)


★リンクテーブル★
リンク元low density
関連記事吸収

low density」

  [★]

hypobarichypodensesparsesparsely
低吸収域


吸収」

  [★]

absorption


  • 水分は小腸で80-90%、大腸で10-20%吸収される (YN.A-12)





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡