伝音性難聴

出典: meddic

conductive hearing loss, CHL, conduction deafness
伝音難聴
内耳性難聴難聴



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

伝音性難聴(伝音難聴) 伝音声難聴とは外耳(耳介&外耳)と鼓膜及び中耳、つまり音 を伝える器官の障害による難聴です。 これは音を聞くための神経には異常がないので 治療できる可能性が有るし補聴器で音を大きくすることによりかなり聞こえるようになり ...
2007年3月13日 ... 僕は左耳が先天的に難聴なのですが、耳鼻科の医者によって『伝音性難聴』や『感音性 難聴』と違うような診断を受けました。母は、『今までいろんな医者に行ったけど、何...

関連画像

伝音性難聴(でんおんせいなん 図1 純音聴力検査データの 伝音性難聴は気導だけが聴力 感音性難聴と伝音性難聴治療、感音性難聴と伝音性難聴 伝音性難聴・・・ 外耳・内耳


★リンクテーブル★
国試過去問100I004
リンク元耳硬化症」「内耳性難聴」「感音性難聴 」「先天性中耳真珠腫」「CHL
関連記事難聴

100I004」

  [★]

  • 56歳の男性。耳鳴りを主訴に来院した。30年以上大型貨物船の機関員として勤務していた。結核と中耳炎との既往はない。脈拍76/分、整。血圧134/86mmHg。鼓膜は左右とも異常を認めず眼振はない。神経学的にも異常はない。血液所見、血清生化学所見および心電図に異常はない。オージオグラムを以下に示す。
  • 考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 100I003]←[国試_100]→[100I005

耳硬化症」

  [★]

otosclerosis
[[]]


概念

  • 難聴、耳鳴を主徴とし、それらが進行する原因不明の疾患。
  • アブミ骨底板固着による伝音障害。

疫学

  • 男女比=1:2
  • 思春期頃より発症して妊娠で増悪。
  • 白人では多く見られるが、日本人では少ない。耳疾患に対する耳硬化症患者は白人では50%、日本人では0.6%(SOTO.156)

検査

  • 純音聴力検査:伝音性難聴。またオージオグラムで低音優位の気導聴力の低下、また2,000Hzにおける骨導聴力の低下を認める。

治療

  • アブミ骨手術

参考

  • 1. 耳硬化症|慶應義塾大学病院 KOMPAS
[display]http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000224.html

http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000224.html


内耳性難聴」

  [★]

inner ear deafness, inner ear hearing loss
蝸牛性難聴 cochlear deafness迷路性難聴 labyrinthine deafness
感音性難聴、後迷路難聴、伝音性難聴

特徴

感音性

原因


感音性難聴 」

  [★]

sensorineural hearing loss
伝音性難聴難聴


先天性中耳真珠腫」

  [★]

真珠腫伝音性難聴

国試

CHL」

  [★]


難聴」

  [★]

hearing loss
聴覚


分類

鑑別疾患

ISBN 978-4931400559 p.184より引用
  • 伝音性難聴
  • 急性:悪性外耳道炎、中耳炎
  • 慢性:上咽頭腫瘍
  • 感音性難聴





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡