伝達物質受容体

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脳内神経伝達物質受容体多型と一般家庭犬が示す品種特性について
  • 田中 佐知,佐藤 至,中木 真一
  • DNA多型 = DNA polymorphism 19, 59-62, 2011-05-30
  • NAID 10029668606
  • 出生コーホート研究の現状と今後の課題-日本で前向き研究を実施してきた経験から-
  • 岸 玲子,佐々木 成子
  • 保健医療科学 59(4), 366-371, 2010-12
  • … の曝露測定を行ったこと,3)先天異常,体格,神経行動発達,甲状腺機能,免疫機能など種々のアウトカムを対象にリスク評価を行ったこと,4)個人の感受性素因に着目し,化学物質代謝酵素・Ahレセプター・神経伝達物質受容体等の遺伝子多型も考慮したハイリスク群の発見と予防対策の検討を行ったことである.その結果,PCB・ダイオキシン類の胎児期曝露影響として,体重に負の影響が示された.生後発達への影響や感染症罹患リ …
  • NAID 110009647148
  • 神経伝達物質受容体の側方拡散が抑制性シナプス伝達を決める

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索神経伝達物質受容体
関連記事受容体」「伝達」「物質」「受容」「

神経伝達物質受容体」

  [★]

neurotransmitter receptor
シナプス受容体神経伝達物質レセプター


受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

伝達」

  [★]

transmission, transfer
伝導



物質」

  [★]

substancematerialmatter
実体問題問題になる材料重要なこと事項サブスタンス

受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる


体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡