会話音域

出典: meddic

和文文献

  • 平均加算法による乳幼児大脳誘発電位聴力測定法の基礎的研究
  • 井端 幸子
  • 日本耳鼻咽喉科学会会報 73(3), 311-334, 1970
  • … 即ち会話音域においてはその値は30dBであつた. …
  • NAID 130000804756
  • 遅延側音効果に関する研究
  • 相沢 宏
  • 日本耳鼻咽喉科学会会報 73(3), 288-296, 1970
  • … しかし個人差が大きい.4) 側音音圧の増大により発声強度が増大する.5) 遅延側音の周波数帯域が広くなると, 時間延長率が大となり, 狭くなると時間延長率が小さくなる, 特に会話音域の周波数帯域の存否がこれを大きく左右する.6) 鍵打時, 1000の正絃波を側音として被検者に与えた場合, 語音に於ける場合と同様, 遅延効果が認められる. …
  • NAID 130000804754

関連リンク

500・1000・2000Hzを会話音域といって、日常会話にとって最も重要な周波数です。 難聴の程度は、この会話音域の聞こえを平均して表します。30-60dBを軽度難聴、60-90dBを中程度難聴、90dB-を高度難聴と言います。 ここには 、黄色 ...
音について 聴覚と音の関係 周りにある音の周波数帯域 日常聞こえる音の周波数帯域を下図に示します。 会話に必要な周波数範囲 男性と女性では、声の高低に差があるが、通常の会話は、ほぼ250~4kHzの範囲であり、

関連画像

 音域を構造で強調することで 会話音域の聴力で人の会話音域を増幅し、会話  。さらに会話に必要な音域



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡