伊沢蘭軒

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/02/10 12:23:35」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 森外著『伊沢蘭軒』の長崎旅行の詩 : 蘭軒の草稿「崎陽行稿」の菅茶山による批評
  • 明治期における『文集』の振り仮名 : 『枕草子』と『徒然草』、附論『伊澤蘭軒』より (下定雅弘教授退休記念号)

関連リンク

蘭軒の高祖有信が旗本伊沢の家から分れて出た時の事は、蘭軒の姉 幾勢 ( きせ ) の話を、蘭軒の 外舅 ( しうと ) 飯田休庵が聞いたものとして伝へられてゐる。それはかうである。有信は旗本伊沢の家に妾腹の子として生れた。
伊沢蘭軒 作品名読み: いさわらんけん 著者名: 森 鴎外 [ファイルのダウンロード|いますぐXHTML版で読む] 作品データ 分類: NDC 913 初出: 「大阪毎日新聞」「東京日日新聞」1916(大正5)年6月~1917(大正6)年9月 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡