介助運動

出典: meddic

assistive exercise

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 化膿性股関節炎にて重度の拘縮を呈し著明な歩行時痛がみられた症例:腸腰筋・中殿筋のスパズム改善が歩行時痛軽減に有効であった症例
  • 綿貫 翔太,源 裕介,長谷川 彰子
  • 日本理学療法学術大会 2012(0), 48101985-48101985, 2013
  • … また自動介助運動にて中殿筋の筋収縮を促していった。 …
  • NAID 130004586081
  • Suture bridging法を行なった上腕骨大結節骨折の理学療法成績:内旋制限の残存傾向がある
  • 小野寺 智亮,梅田 健太郎,荒木 浩二郎,菅原 亮太,村田 聡,瀬戸川 美香
  • 日本理学療法学術大会 2012(0), 48101272-48101272, 2013
  • … 歳),全例とも肩関節脱臼により受傷,理学療法の平均期間は7.2±2.4か月(6.5-12か月)であった.【方法】後療法は腱板断裂術後に準じて行ない,5週間のUltra sling固定,術翌日より他動可動域訓練,3週より自動介助運動,6週より腱板筋力訓練を行なった.理学療法終了時の肩関節可動域(屈曲,伸展,外転,外旋,内旋),肩関節外転筋力,疼痛,主観的満足度,機能評価は日本整形外科学会肩関節疾患治療成績判定基準(以 …
  • NAID 130004585549
  • 段階的鏡療法が疼痛の軽減に奏効した末梢性求心路遮断性疼痛症例
  • 壬生 彰,西上 智彦,山本 昇吾,梶原 沙央里,岸下 修三,松﨑 浩,田辺 暁人
  • 日本理学療法学術大会 2012(0), 48100319-48100319, 2013
  • … 棒を順に挟み,徐々に屈曲位から伸展位に角度を変化させた.それぞれの屈曲角度の時に鏡像肢を観察し,患肢のイメージを鏡像肢の屈曲角度と一致させるように想起させたところ,伸展位のイメージが可能となり痛みが軽減した.次に,小指の運動イメージを生成するため,セラピストによる健側小指の自動介助運動を行い,鏡像肢を観察しながら患肢で同じ運動を想起させたところ,運動イメージが可能となった。 …
  • NAID 130004584854

関連リンク

自動介助運動とは : 障害があったり筋力が落ちたりしている部位を、残存能力やセラピストの助けを借りて運動させる方法です。他人に手伝ってもらう場合はあるものの、目的の部位をあくまで...
自動運動(じどううんどう、Active exercise,AE)とは、自分の意思と力で、身体の部位を動かすことである。障害のある部位や筋力が落ちているような部位を、自力で動かすことが治療となる。自動運動に対し、介助などにより身体の部位 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡