京都第一赤十字病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 京都第一赤十字病院

url

理念

  • 理念人道と奉仕の赤十字精神に基づき、患者さまにとって安心できる、適切な医療を行います。

住所

  • 605-0981 京都市東山区本町15丁目749番地

診療の特徴、実績

  • 当院は昭和9年開院以来76年目を迎える地域の中核病院であり、その理念は「人道と奉仕の赤十字精神に基づき、患者さまにとって安心できる、適切な医療」にある。理念実践の代表が併設されている24時間体制の救命救急センターであり、府下の成育医療の中心になっている総合周産期母子医療センターである。また他の診療科も患者数、検査、手術件数など豊富で初期診療から高度専門医療まで、同一施設内で継続した研修が可能である。さらに基幹災害医療センターの指定も受けており、平時の訓練はもとより阪神淡路大震災に代表される災害時には全病院一丸となり取り組んできた。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 560.6人

一日平均外来患者数

  • 1,508.7人

平均在院日数(一般/精神)

  • 14.0日/0.0日

年間分娩件数

  • 676件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 15件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/10回

当院の救急医療の特徴

  • 救命救急センターの指定を受けているが三次救急にこだわることなくすべての救急患者を受け入れている。平成21年における救急外来患者数は約23,000人であり、救急車搬入件数5,874台と京都市の救急件数の10%近くが搬送されており、その内容も多岐にわたる。CPAOAは111人で増加傾向にある。また指導層も救急医学会が認定する指導医、専門医、認定医とも京都府下では最も多く、充実した教育体制がとれており新医師研修制度で設定された経験目標が達成可能な救急体制、診療内容である。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全科

一日平均救急外来患者数

  • 70.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 16.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 112人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り(1年目12,000円/回支給、2年目20,000円/回支給)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 9人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 3人

勤務体制

  • 土日祝日は2交代制勤務

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  •  平成16年度から臨床研修が義務化され到達目標が制定された。ことに研修理念として「医師としての人格の涵養」が謳われている。単に技術を学ぶだけでなく、臨床研修の理念、到達目標を頭に入れ、患者様は臨床研修の師であるとの認識を持ち社会常識を身につけ真摯に学ぶ研修医を期待している。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 将来どの診療科に進むべきか悩んでいた私が研修病院を選ぶ際に最も重要視したことは、より多くのcommon diseaseを診ることが出来、そして、primary careを学べるという点です。当院の研修では、救急外来で当直することにより、その二点が満たされると考えます。まずは、自分たちが上級医と共に診断し、そして初期治療を行い、必要な診療科にコンサルトするということを常に学び、実行していくことが出来ます。更に、救急部医師による毎朝のカンファレンスや、ACLS、JATECなどの救急初期治療の勉強会も行われており、救急の現場で必要なアプローチを日々学んでいます。各科のローテートは短期間ですが、その各科で学びあったことをお互いに共有することで研修医同士が知識や手技の向上を図っています。また、研修医カンファレンスでは感染症や病理、プライマリケアなど研修医同士が症例を持ち寄り、そして、上級医にサポートしていただきながら行っています。研修医は出身大学も様々で、将来志望する診療科も様々ですが、刺激しあい、そして励ましあいながら研修をしています。将来どの診療科に進むにしても、当院で研修したことは、きっと役立つはずです。common disease、primary careという医師では必要不可欠なことを学びたい方は、是非見学に当院へお越し下さい!!

和文文献

  • 自然退縮がみられた肺多形癌の1例
  • 村西 佑介,上島 康生,長谷川 浩一,塩津 伸介,内匠 千恵子,平岡 範也
  • 日本呼吸器学会誌 = Annals of the Japanese Respiratory Society 1(6), 498-501, 2012-09-10
  • NAID 10031043384
  • 創傷治癒が遷延した広範な陰部創傷に対し陰圧閉鎖療法が著効した維持透析患者の1例
  • 石田 良,草場 哲郎,高橋 和美,中ノ内 恒如,納谷 佳男,藤村 大樹
  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 45(5), 421-426, 2012-05-28
  • 症例は69歳,男性.糖尿病性腎症による末期腎不全に対し3年前維持血液透析を導入された.発熱,左鼠径部痛を主訴に受診し,左腹直筋から恥骨結合腹側,右外閉鎖筋にわたる広範囲な膿瘍を認め入院となった.抗菌薬の投与に加え,感染巣の切開排膿,デブリードマンを7か月の間に5回施行したが創部の治癒を得られなかった.活動性の高い感染の存在は否定されたにもかかわらず,創部の治癒傾向を認めなかったため,陰圧閉鎖療法( …
  • NAID 10030814083

関連リンク

京都第一赤十字病院(京都市東山区)のホームページ。救命救急センター、総合周産期母子医療センターを備える。地域がん診療連携拠点病院としての役割等を紹介。
京都第一赤十字病院(京都市東山区)のホームページ。救命救急センター、総合周産期母子医療センターを備える。地域がん診療連携拠点病院としての役割等を紹介。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事第一

第一」

  [★]

primarily
一次的主要本来




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡