京都市立病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 京都市立病院

url

理念

  • 理念:「信頼され、安心できる、心のこもった医療を市民に提供します」京都市立病院憲章:京都市立病院は、市民の健康を支える病院として、1)患者中心の医療サービスを提供します。2)倫理・知識・技術に支えられたチーム医療を進めます。3)地域の医療機関との緊密な連携を図ります。4)働きがいのある職場づくりを目指します。5)健全で自立した病院経営に努めます。

住所

  • 〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1-2

診療の特徴、実績

  • 京都市南西域の地域医療支援病院として、急性期高度医療を担っている。がん診療連携拠点病院、災害拠点病院、エイズ拠点病院としての認定を受け、感染症医療、救急医療などの京都市の政策医療の中枢病院でもある。36ある診療科は互いの対診を活発に行い、診療内容の充実に努めている。研修医は初歩から専門的な指導を受けながら、患者中心の全人的な医療を学ぶことができる。京都大学、京都府立医科大学と太いパイプで指導医交流が行われている。安全で安心な病院作りをモットーに、医療安全管理と感染防止体制には特に重点を置き、専従・専任リスクマネジャー及びICD(感染症制御医師)を配置し、即応体制での対策を実施している。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 453.4人

一日平均外来患者数

  • 1,252.5人

平均在院日数(一般/精神)

  • 14.4日/0.0日

年間分娩件数

  • 231件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 29件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/10回

当院の救急医療の特徴

  •  当院救急室は年間約2万5千人の救急患者、約3千台の救急車を受け入れている。救急スタッフは常勤医3名、専攻医1-2名、研修医2-4名である。夜間・休日は内科・外科各1名、救急病棟・小児科・産婦人科・CCU・ICUに各1名の医師が当直し、その他各診療科医師が待機制で診療に当たっている。当院の救急は北米型ERシステムを特徴とし、一次、二次、三次の区別無く患者を受け入れている。卒後医師教育システムの大きな柱と考えている。その他救命士の実習を行い、市民や医療従事者を対象としてBLSやICLSの講習会を実施している。多くの感染症患者を受け入れる他、災害拠点病院として災害医療にも力を入れている。 「地域に開かれたER]、「地域の集中治療室」をモットーに市内の医療機関から信頼される救急室をめざしている。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 救急科/内科/小児科/外科/整形外科/脳外科/他

一日平均救急外来患者数

  • 58.4人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 8.2人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 31人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り(夜間当直研修期間(4月-9月)を除き支給)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 6人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 2人

勤務体制

  • 1年目は当直指導医とともに副直として当直を研修。2年目は当直指導医との連携のもとに一人当直(内科系)を行う。

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 当院の研修では、内科系・外科系および救急医療等の多数の症例を幅広く経験することが出来ます。各臨床科の指導医層は豊富で、カンファランス・勉強会も充実し、図書室・インターネット環境も完備しています。当院のこのような優れた研修環境を大いに活用し、優れた臨床医を目指す熱意にあふれた若者が数多く応募していただくことを願っています。また、希望者には初期研修につづく3-4年間の後期研修(専攻医)を選択でき、将来は学会認定医・専門医資格を取得し、当院の常勤スタッフとして勤務することも可能です。現在、病院再整備での新棟計画が進行し、京都市の中核病院としてより一層の充実を目指しています。研修医の皆さんと共に大いに発展していければと考えています。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/02/24 07:50:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 長期経過観察中に閉塞性黄疸をきたした膵漿液性嚢胞腺腫の1例
  • 桑原 明子,古志谷 達也,松田 昌悟,高井 孝治,元好 貴之,山下 靖英,桐島 寿彦,吉波 尚美,新谷 弘幸,浦田 洋二,勝馬 芳徳,吉川 敏一
  • 日本消化器病学会雑誌 108(6), 962-968, 2011
  • 症例は68歳男性.1997年3月より膵頭部の嚢胞性腫瘍にて長期経過観察されていた.2007年6月に閉塞性黄疸で入院.CTにて腫瘍径は約10年間で3.6cmから5.9cmへと増大を認めた.ERBDによる減黄後,膵頭十二指腸切除術を施行した.切除標本の病理診断は膵漿液性嚢胞腺腫であった.本症は一般的に緩徐な発育をする良性腫瘍で,腫瘍径が4cmを超えると有症状になることが多いとされるが,経過中に胆管狭窄 …
  • NAID 130000897181

関連リンク

中京区。施設・外来・入院・診療科案内。人間ドックの紹介。

関連画像

整備運営事業 | 京都市立病院京都市立病院は新しく 京都市立病院新館京都市立病院


★リンクテーブル★
関連記事都市

都市」

  [★]

citytownurban



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡