交連切開術

出典: meddic

commissurotomy
僧帽弁狭窄症


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 84) 経皮的僧帽弁交連切開術(PTMC)により改善した僧帽弁狭窄症(MS)に伴う重症肺高血圧(PH)の1例(第207回日本循環器学会関東甲信越地方会)
  • 小田 切史徳,櫻田 春水,手島 保,山口 博明,深水 誠二,大塚 信一郎,小松 宏貴,田辺 康宏,水澤 有香,辰本 明子,小宮山 浩大,弓場 隆生,仲井 盛,高野 誠,北條 林太郎
  • Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 72(Supplement_III), 1018, 2008-10-20
  • NAID 110007010667
  • 肺動脈拡張を伴う成人肺動脈弁疾患に対する手術経験
  • 山下 克司,阿久澤 聡,寺田 仁,鷲山 直己,大倉 一宏,数井 暉久
  • 日本心臓血管外科学会雑誌 37(2), 100-103, 2008-03-15
  • … 血圧,血管炎,結合組織疾患の存在などを念頭におき精査を進める必要がある.肺動脈弁疾患を伴い,心機能改善を主目的として手術施行した2例の経験を報告する.症例1:54歳,女性.22歳時に肺動脈弁狭窄に対して交連切開術を受けていた.動悸を主訴に近医を受診し,精査で肺動脈拡張(60mm),肺動脈弁狭窄兼閉鎖不全,三尖弁閉鎖不全,発作性心房細動,慢性右心不全を認めた.手術は肺動脈弁置換(23mm生体弁),肺動脈縫縮,三尖弁輪縫縮, …
  • NAID 110006632897

関連リンク

上図を参照してください)を立て直して漏れをなおしたり,拡大して緩んでしまった弁輪を 締め直してきちんと弁尖が合わさるようにする治療( 閉鎖不全に対する治療)や癒合して しまった弁尖を切り開いて狭窄を解除する治療(交連切開術)などがあります.房室弁( ...

関連画像

OMC  直視下僧帽弁交連切開術僧帽弁交連切開術とは: 古く 僧帽弁交連切開術とは: 古く  静脈的僧帽弁交連切開術症例数


★リンクテーブル★
先読み僧帽弁狭窄症」「commissurotomy
国試過去問103D059
リンク元非直視下交連切開術」「直視下交連切開術
拡張検索直視下僧帽弁交連切開術
関連記事切開」「」「切開術」「交連

僧帽弁狭窄症」

  [★]

MS
mitral stenosis, MS, mitral valve stenosis
僧帽弁狭窄弁膜症
  • distolic murmur at mitral area.
  • opening snap at mitral area

疫学

  • 女性に多い。男女比1:3。
  • 50%が20歳代。20-40歳に多い。
  • 既往にリウマチ熱がある事が多い。

病因

  • 先天的な僧帽弁尖の狭窄
  • 高齢者の前尖の石灰化
  • 心内膜炎で弁尖に疣贅ができて弁口を閉塞
  • 僧帽弁の弁口:MSでは2cm^2、健常人では4-6cm^2

病態

  • 拡張期に左心房の血液を左室に駆出する抵抗が大きくなり、左心房に圧負荷がかかる!!
  • 心房細動の合併で重症化する。

合併症

  • 感染性心内膜炎:僧帽弁閉鎖不全症は感染性心内膜炎を来しやすい疾患であると認識してよいが,僧帽弁狭窄症の感染性心内膜炎は比較的少ない。よって僧帽弁狭窄症をハイリスクとすべきかどうかは議論が分かれる。(ガイドライン1より抜粋)

検査

  • 聴診
  • I音の亢進
  • 僧帽弁開放音 (open snap)
  • 心尖部拡張中期雑音:低音(low-pitched)、ランブル(rumbling)
  • 前収縮期雑音:(洞調律の時に聴取され、心房細動では消失)
  • 重症例 → グラハム・スティール雑音(肺高血圧を来した場合にPRを来し、拡張期に2-3LSBで聴取される。
  • 超音波エコー検査
  • 経胸心エコー:
  • 経食道心エコー:左房内血栓の描出に適する。

治療

  • 内科的治療
NYHA I度、かつ軽度僧帽弁狭窄症
  • 侵襲的治療
NYHA II度以上、かつ中等度以上僧帽弁狭窄症

手術療法の適応

ガイドライン2
次の1.~2.が適応を判断するのに重要である。ガイドライン2ではOMC, MVRの推奨基準やNYHA別のフローチャートが示されている。
  • 1. PTMCはNYHA II度以上の臨床症状出現 ← 僧帽弁弁口面積≦1.5cm2で左房から左室への血液流入障害が生じる。弁口面積≦1.0cm2では安静時にも左室への血液流入が障害されると肺うっ血・肺高血圧、心房細動が固定化、TRによる右心不全もきたす。
  • 2. 心房臓細動の出現
  • 3. 血栓塞栓症状の出現
QB. C-444
  • PTMCはNYHA II度以上、OMC,MVRはNYHA III度以上
  • 弁口面積1.5cm2以下で臨床症状を有する
  • NYHA I度であっても塞栓の既往や左房内血栓が疑われる場合  ←  経食道エコーで確認
  • 左房平均圧15mmHg以上
出典不明
症状と治療法の選択
  • 無症状例:保存的療法。心不全と血栓を予防。
  • 症状有り:経皮経静脈的僧帽弁交連裂開術、僧帽弁置換術

ガイドライン

  • 1. 感染性心内膜炎の予防と治療に関するガイドライン(2008年改訂版)
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2003_miyatake_h.pdf%20
  • 2. 弁膜疾患の非薬物治療に関するガイドライン(2007年改訂版)
http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2007_matsuda_h.pdf

国試




commissurotomy」

  [★]

103D059」

  [★]

  • 52歳の男性。労作時の息切れと胸痛とを主訴に来院した。5年前から健康診断で心拡大を指摘されていたが放置していた。脈拍84/分、整。血圧142/42mmHg。胸骨左縁第3肋間に拡張期雑音を聴取する。下肢に浮腫を認める。心尖部から記録したカラードプラ心エコー図を以下に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 103D058]←[国試_103]→[103D060

非直視下交連切開術」

  [★]

closed commissurotomy
交連切開術非直視下弁切開術

直視下交連切開術」

  [★]

open commissurotomy
交連切開術


直視下僧帽弁交連切開術」

  [★]

open mitral commissurotomy, OMC


切開」

  [★]

incisiondissectionincise
解体解剖解離精査切開術切り込みを入れる切り込み郭清ダイセクション


術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術


切開術」

  [★]

incision
切開切り込み


交連」

  [★]

commissure






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡