交感神経ブロック

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/02/03 01:08:55」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 胸部交感神経ブロック後に発症した血気胸の1例
  • 境 雄大,佐野 淳,松倉 聡 [他]
  • 胸部外科 = The Japanese journal of thoracic surgery 67(7), 599-601, 2014-07
  • NAID 40020135057
  • バージャー病に伴った難治性の痛みの主因に神経障害痛を疑った2症例
  • 瀬藤 容子,角谷 哲也,小川 幸志,中田 亮子,水本 一弘
  • 日本臨床麻酔学会誌 33(7), 956-960, 2013
  • …   バージャー病に伴う難治性の痛みは虚血性組織傷害が主因と考えられており,血流改善を目的とした治療法が推奨されている.今回われわれは,血流改善を目的として抗凝固療法や交感神経ブロックなどを行ったにもかかわらず,長期の難治性の痛みが持続していたバージャー病患者の治療を経験した.患者は2名とも神経障害痛の臨床症状を呈していたため,その治療ガイドラインに従って治療を行ったところ数週 …
  • NAID 130004450217
  • 麻酔下雑種成犬を用いた2%メピバカイン、クリッピング、高周波熱凝固による交感神経ブロックの末梢動脈血流量の増加時間と増大作用の比較
  • 大谷 太郎,篠崎 未緒,高橋 良享,木村 嘉之,池田 知史,永尾 勝,山口 重樹,北島 敏光
  • Dokkyo journal of medical sciences 38(2), 194, 2011-07-25
  • NAID 110009673714

関連リンク

術後、局所麻酔薬で交感神経がブロックされると、末梢の血管が拡張して血行が改善 され、また知覚神経がブロックされると患部の痛みの緩和が期待できる。 ただ、多くの 神経ブロック療法は、一回の施術で痛みが完治するというものではなく、ガバペンチン 製剤( ...
星状神経節ブロック; 胸部交感神経節ブロック; 腰部交感神経節ブロック; 腹腔神経叢 ブロック; 内臓神経ブロック; 下腸管膜動脈 ... 交感神経ブロックは、診断的交感神経 ブロックやフェントラミンテストードラッグ・チャレンジ・テストで症状緩和がみられるSMP が ...

関連画像

SLによる星状神経節照射療法 1 交感神経節ブロックー造影剤の 、腰部交感神経ブロック 交感神経節ブロック後の下肢 星状神経節ブロック療法は 硬膜外ブロックの適応する痛み


★リンクテーブル★
国試過去問106H036
関連記事神経」「交感神経」「ブロック」「交感

106H036」

  [★]

  • 次の文を読み、 35、 36の問いに答えよ。
  • 78歳の男性。悪心嘔吐とを主訴に来院した。
  • 現病歴: 1年前に肺癌と診断され、右上葉切除術と抗癌化学療法とを受けた。その後、定期的に通院をしていたが、 1か月前に背部から右の側胸部にかけて疼痛が出現した。外来受診の際、骨シンチグラフィ胸椎と右肋骨とに骨転移巣が判明した。疼痛に対して消炎鎮痛薬を処方された。その後も疼痛が増悪し、呼吸困難が出現したため、昨日の外来受診時にオピオイドの処方が追加された。昨夕からオピオイドの内服を開始したが、吐き気が出現し食物を嘔吐したため、家族に伴われて来院した。頭痛や腹痛はないという。
  • 既往歴: 65歳時から高血圧症脂質異常症とで治療中。
  • 生活歴:喫煙は20本/日を57年間。 1年前の手術時から禁煙している。
  • 家族歴 :兄が肺癌のため75歳で死亡。
  • 現 症:意識は清明。身長168cm、体重57kg。体温36.8℃。脈拍72/分、整。血圧128/72 mmHg。呼吸数20/分。 SpO2 93 %(room air)。眼瞼結膜に貧血を認めない。眼球結膜に黄染を認めない。咽頭に異常を認めない。頸部リンパ節を触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。圧痛を認めない。腸雑音は低下している。背部と右肋骨部とに圧痛を認める。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤血球402万、Hb11.9g/dL、 Ht36%、白血球9,300、血小板39万。血液生化学所見:アルブミン 3.2g/dL、クレアチニン 0.8mg/dL、 AST 28IU/L、 ALT 26IU/L、 LD 421IU/L(基準176-353)、 ALP 403IU/L(基準115-359)、アミラーゼ 150IU/L(基準37-160)、CK 42IU/L(基準30-140)、 Na 131mEq/L、 K 4.4mEq/L、 Cl 97mEq/L、 Ca 9.7mg/dL、 P 2.5mg/dL。 CRP 3.4mg/dL。胸部エックス線写真で浸潤影を認めない。腹部立位エックス線写真ではガス像がやや多いが、鏡面形成を認めない。
  • この患者の骨転移による疼痛のコントロールに有効なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106H035]←[国試_106]→[106H037

神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


交感神経」

  [★]

sympathetic nerve (B), sympathetic nervous system
pars sympathica
自律神経交感神経系交感神経節前線維交感神経節後線維



  • C1-L2


ブロック」

  [★]

block, Bloch
遮断阻止封鎖


交感」

  [★]

sympathetic
交感神経性



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡