交差感染

出典: meddic

cross infection
交叉感染
重複感染
  • 感染者から他の人に感染すること



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 尿道留置カテーテル関連尿路感染対策 (小児のための感染管理--看護師に必要な知識・技術・連携) -- (知っておきたい基礎知識)
  • 開業歯科医院を対象とした院内感染予防対策アンケート調査
  • 茂木 伸夫,呉橋 美紀,池上 由美子,桃井 祐子,川戸 二三江,島倉 洋造
  • 日本環境感染学会誌 25(5), 302-309, 2010
  • …   歯科診療は,歯牙切削,歯石除去による室内汚染,口腔処置による血液や唾液からの交差感染を起こす危険があり,様々な感染対策の報告があるが,その実態はあまり知られていない.そこで,院内感染対策の施行度を知るために東京歯科保険医協会感染予防対策プロジェクト・チームは歯科感染予防対策に対するアンケート調査を行った.対象は東京歯科保険医協会会員4539人に調査を依頼,回答のあった934 …
  • NAID 130000432966

関連リンク

【最新の回答】交差感染とは、『物や環境を共有することによって感染微生物を伝播させること』だと思います。 例えば、ドアのとって(MRSA)や医療器具の洗浄徹底不良など… 交差 ...
... いる菌が、体の衰弱にともなって他の部位に感染し、発病するもの。もうひとつは「交差感染」で、医療関係者の手、口、鼻、他の入院患者、各種の医療器具、室内の汚れた空気、給食などを介して感染するものです。院内感染で ...
当院の衛生管理 滅菌・消毒 滅菌の考え方 歯の治療を受けた後にうがいをすると結構、血が混ざっているのを感じた方も多いと思います。歯科治療は結構、出血が伴うのです。 最も恐ろしいのが、B型肝炎ウィルスのE抗原プラスの場合の人 ...

関連画像

の同室内交差感染  カバー、交差感染防止.jpg交差感染の予防交差感染を防ぎます。


★リンクテーブル★
先読み重複感染
リンク元標準予防策」「cross infection」「交叉感染
関連記事感染」「交差

重複感染」

  [★]

multiple infection, superinfection?
重感染


標準予防策」

  [★]

standard precaution
standard precautions (2008年度前期感染予防医学プリント, 標準予防策実践マニュアル 南江堂 第2刷 p.23)
Universal precautions, UP
  • 国によって呼称が異なるらしい (標準予防策実践マニュアル 南江堂 第2刷 p.23)
国際的 Universal Precautions
EU諸国 Universal Precautions
カナダ Routine Practices
フランス Universal Precautions
アメリカ合衆国 Standard Precautions

標準予防策 (標準予防策実践マニュアル 南江堂 第2刷)

目的

  • 主に医療従事者の手指を介して起こる患者間の交差感染を予防
  • 患者が保有しているかもしれない未同定の病原体から医療従事者を保護

対象

  • 全ての患者の目視できる湿性の血液・体液・排泄物
  • 血液(血液が混入している体液は血液として取り扱う)
  • 排泄物(嘔吐物も含む)
  • 体液(羊水、心嚢液、腹水、胸水、関節滑液、精液、膣分泌液、耳鼻分泌液、創、創からの滲出液など)
  • 病理組織(胎盤、手術摘出物、抜去歯等)

メリット

  • 交差感染の確率を低下させる
  • すべての患者がその診断に関わりなく、一定の質のケアを受けることができる
  • 医療従事者を未同定な病原体の感染から保護できる。


cross infection」

  [★]

交差感染交叉感染

hospital infectionnosocomial infection


交叉感染」

  [★]

cross infection
院内感染交差感染


感染」

  [★]

infection
定着感染症不顕性感染顕性感染サブクリニカル感染
  • 細菌が宿主の体表面、体内や組織内に付着して増殖し、定着している状態。
  • 感染の成立には微生物(定着能、増殖能、細胞内進入能、毒素産生能などを総合した病原性)と宿主(排除能、殺菌能などの生体防御機構)の力関係が崩れたときに生じる



交差」

  [★]

crossing over
乗換え交叉




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡