交代浴

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P-13 温冷水交代浴による皮膚温・皮膚血流量・温冷覚閾値への影響 : 冷え症と非冷え症の比較(日本生理人類学会第63回大会発表要旨)
  • 定方 美恵子
  • 日本生理人類学会誌 16(1), 56, 2011-02-25
  • NAID 110008608287
  • 全身浴による交代浴が慢性的な筋疲労の回復に及ぼす影響
  • 片平 誠人
  • 福岡教育大学紀要 第5分冊 芸術・保健体育・家政科編 (60), 41-46, 2011-00-00
  • NAID 40018731657
  • 交通事故後の遷延した疼痛 (特集 発症原因別に見た神経障害性疼痛の最近の話題--予防・診断・治療)
  • 平林 洌,高山 真一郎
  • 麻酔 59(11), 1350-1356, 2010-11-00
  • NAID 40017382618

関連リンク

温冷浴(温冷交代浴)は、温度差およそ30度で温と冷を繰り返えすもの。自律神経のバランス回復にも効果。 ... 冷たい水と熱いお湯を交互に浴びる入浴法を温冷浴(温冷交代浴)といいます。自律神経の調整機能を整える効果が温冷浴 ...
セルフケアについて【温冷交代浴・温浴・冷水浴(アイシング)】|バリアフリー銭湯 あさひゆ。スポーツで疲労したからだをケアすることは怪我予防や疲労回復を助けることが出来ます。その方法として、温冷交代浴・温浴・冷水浴 ...

関連画像

夏を乗り切る入浴法「温冷交代 炭酸泉・交代浴温冷交代浴』で冷えとむくみ 画像】話題の″温冷交代浴 交代浴 (2013-07-30 20:07)連載 安全・安心を科学する



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡