交代圧注

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

通常1m程度の距離で、湯の場合1.3~2.32.3㎏/㎠の圧力、蒸気の場合1.5~2.5気圧 で、四肢の上から下に、またその反対に、繰り返し10~20分間圧注する。年齢や疾患 によって距離、時間を加減する。交代圧注は38~50℃の高温圧注や13~22℃の低温 ...
ノズルから出る水量と水温も変えることができ、温冷の交代浴も可能である。 但し交代 圧注は刺激が強く末梢循環改善には効果的だが、 心・腎に対する負担も大きいので 高齢者には避けた方がよい。 圧力は1.3~2.3kg/cm2、温度は 38~45度、1回の 治療 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事圧注

圧注」

  [★]

douche
圧注器




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡