亜致死的損傷

出典: meddic

関連リンク

1.3 亜致死損傷・潜在的致死損傷と回復 現象論的な立場から、放射線による損傷は、 回復し得ない致死損傷(LD)と回復可能な回復 ... この二つの損傷の修復(または障害 からの回復)がそれぞれ亜致死損傷修復・回復(SLDR:Repair SLD)、潜在的致死 損傷 ...
(1)亜致死(SLD)損傷からの回復(エルカインド回復) ... この現象を、潜在的致死損傷 (致死をもたらすはずであった損傷)からの回復と呼んでいます。細胞同士が密に接し ていて分裂がゆっくりと進んでいる状態では、この回復が起きやすいと考えられています 。

関連画像

低線量と中線量の放射線による 3.個体における回復


★リンクテーブル★
関連記事損傷」「致死的」「致死」「

損傷」

  [★]

injury, lesion
傷害
  • 損傷 injury:組織の生理的な連絡が絶たれる、または機能が傷害された状態 → 機能障害が含まれる。
  • 機械的なエネルギーにより生じた損傷。
  • 外力によって生じた組織損傷を総括して創傷と言うが、皮膚や粘膜の連続性が離断した開放性損傷を<創>、連続性が保持された閉鎖性損傷を<傷>と区別して用いることがある(SLE.12)

分類(SLE.106)

  • 鈍体損傷
  • 鋭器損傷
  • 刺器・尖器によるもの
  • 銃器・火薬による損傷

参考

  • 1.
[display]http://www.jaam.jp/html/dictionary/dictionary/word/0906.htm
  • 2.
[display]http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/legal.dir/lectures/newest/node4.html



致死的」

  [★]

lethalfatallethallyfatally
致死致命的致死性


致死」

  [★]

lethal, mortal
致死的致命的致死性


傷」

  [★]

wound
創傷傷つける





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡