亜硝酸アミル

出典: meddic

amyl nitrite
amylis nitris
シアン中毒

概念

  • C5H11NO2
  • 示性式:(CH3)2CHCH2CH2O-N=O

適応


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/09/05 19:14:58」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Drug Information 救急ナースのための薬剤情報(71)亜硝酸アミル
  • 藤原 豊博
  • エマージェンシー・ナーシング 15(9), 848-850, 2002-09
  • NAID 40005539355
  • 2,3-ジアミノナフタレンを用いる亜硝酸及び亜硝酸アミルの蛍光定量
  • 向日 良夫,原 久子,谷口 寛一
  • 分析化学 40(2), 105-107, 1991-02-05
  • Fluorometric determination of nitrite with 2,3-diaminonaphthalene (DAN) has been investigated. By removing some of the impurity contained in DAN, the sensitivity of the analytical conditions (concentr …
  • NAID 110002906232

関連リンク

亜硝酸アミル(あしょうさんアミル)は、主に狭心症等の心臓疾患に使われる薬品であり、 薬理効果としては同じ強心剤のニトログリセリンや亜硝酸ナトリウムとほぼ同じとされて いる。またシアン化合物(シアン化カリウムなど)の解毒剤としても使用される。単に亜 ...

関連画像

亜硝酸アミル - ばけぶ~How much 亜硝酸アミル - Amyl nitrite亜硝酸アミル「第一三共」の 亜硝酸アミル「第一三共 亜硝酸アミル amyl nitrite亜硝酸アミル「第一三共

添付文書

薬効分類名

  • 血管拡張剤・シアン化合物解毒剤

販売名

亜硝酸アミル「第一三共」

組成

  • 1管中に亜硝酸アミル(日局)0.25mLを含有

禁忌

(狭心症)

  • 心筋梗塞の急性期の患者[心筋梗塞の急性期では血圧低下がみられるので、本剤の投与により末梢血管が拡張され、さらに血圧が低下し、心原性ショックを誘発するおそれがある。]
  • 閉塞隅角緑内障の患者[眼圧を上昇させるおそれがある。]
  • 頭部外傷又は脳出血のある患者[頭蓋内圧を上昇させるおそれがある。]
  • 高度な貧血のある患者[血圧低下により貧血症状(めまい、立ちくらみ等)を悪化させるおそれがある。]
  • 硝酸・亜硝酸エステル系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
  • ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤(シルデナフィルクエン酸塩、バルデナフィル塩酸塩水和物、タダラフィル)を投与中の患者(「重要な基本的注意」、「相互作用」の項参照)


効能または効果

  • (狭心症)
  • 1回1管(亜硝酸アミル0.25mL)を、被覆を除かずそのまま打ち叩いて破砕し、内容を被覆に吸収させ、鼻孔に当てて吸入させる。
  • (シアン及びシアン化合物による中毒)

直接吸入:

  • 直接吸入は、自発呼吸がある場合に実施する。

1回1管(亜硝酸アミル0.25mL)を、被覆を除かずそのまま打ち叩いて破砕し、内容を被覆に吸収させ、鼻孔に当てて吸入させる。なお、症状により適宜増量する。

回路内への投入:

  • バッグマスク等の呼吸器経路内に、1回1管(亜硝酸アミル0.25mL)を、被覆を除かずそのまま打ち叩いて破砕した亜硝酸アミルのアンプルを投入し内容を吸入させる。なお、症状により適宜増量する。

(シアン及びシアン化合物による中毒)

  • 本剤の用法・用量は、患者の全身状態等に応じて決めるが、一般に下記の用法が標準的解毒方法として推奨される1, 2)
  • 亜硝酸アミルの吸入(亜硝酸ナトリウム溶液の準備ができるまで、2分毎)

アシドーシスが認められた場合、炭酸水素ナトリウムの静注により補正を行う。

  • 亜硝酸ナトリウムの静注(3%亜硝酸ナトリウム溶液10mL注1)を3分間で静注)

血圧低下を来した場合、ノルアドレナリン等の静注によりコントロールする。

  • 注1)注射用水20mLに亜硝酸ナトリウム0.6gを溶解して製する。
  • チオ硫酸ナトリウム水和物の静注(25%チオ硫酸ナトリウム溶液50mL注2)を10分以上かけて静注)
  • 注2)注射用水100mLにチオ硫酸ナトリウム水和物12.5gを溶解して製する。市販の日局チオ硫酸ナトリウム注射液を用いる場合は125mLを投与する。
  • 上記により効果がなければ(2)、(3)を初回の半量投与する。
  • ニトロプルシドナトリウム注射液の過量投与によるシアン中毒の治療には、日局チオ硫酸ナトリウム水和物の静脈内投与、本剤の吸入等が有効である。


慎重投与

(狭心症)

  • 低血圧の患者[血圧を低下させる。]
  • 原発性肺高血圧症の患者[心拍出量が低下しショックを起こすおそれがある。]
  • 肥大型閉塞性心筋症の患者[心室内圧較差の増強をもたらし、症状を悪化させるおそれがある。]

(シアン及びシアン化合物による中毒)

  • 次の患者にはリスクベネフィットを考慮した上で、慎重に投与すること。
  • 低血圧の患者[血圧を低下させる。]
  • 原発性肺高血圧症の患者[心拍出量が低下しショックを起こすおそれがある。]
  • 肥大型閉塞性心筋症の患者[心室内圧較差の増強をもたらし、症状を悪化させるおそれがある。]


重大な副作用

(狭心症)

メトヘモグロビン血症(頻度不明)

  • メトヘモグロビン血症があらわれることがあるので、このような場合には投与を中止すること。(シアン及びシアン化合物中毒の場合には、「重要な基本的注意」の(シアン及びシアン化合物による中毒)の(5)項参照。)

チアノーゼ(頻度不明)

  • チアノーゼがあらわれることがある。

溶血性貧血(頻度不明)

  • 溶血性貧血があらわれたとの報告がある。

(シアン及びシアン化合物による中毒)

メトヘモグロビン血症(頻度不明)

  • メトヘモグロビン血症があらわれることがあるので、このような場合には投与を中止すること。(「重要な基本的注意(5)」の項参照。)

チアノーゼ(頻度不明)

  • チアノーゼがあらわれることがある。

溶血性貧血(頻度不明)

  • 溶血性貧血があらわれたとの報告がある。


薬効薬理

(狭心症)3?6)

  • 硝酸イソソルビド、ニトログリセリン等と同様に、構造中より一酸化窒素(NO)を遊離し、細胞内cGMP量を増加させることにより平滑筋弛緩作用を現す。揮発性の高い液体なので、吸入で用いられる。肺から速やかに吸収され、即効的に作用する。30秒程度で効果が現れ、4?8分間持続する。血管だけでなく、気管支、輸胆管、輸尿管の平滑筋も弛緩させる。血圧は下降し、呼吸は深くかつ速くなる。また、利尿作用も有する。

(シアン及びシアン化合物による中毒)3?6)

  • CNはFe3+に特異的な親和性を持ちミトコンドリア内のcytochrome oxidaseのFe3+と容易に結合し、作用を停止させることにより細胞呼吸を停止させる。この結合は解離性であるため、血中にFe3+が存在すればcytochrome oxidaseからCNは解離し、cytochrome oxidaseは機能を回復する。亜硝酸アミルはヘモグロビンのFe2+を酸化し、メトヘモグロビンFe3+を形成して競合させることにより、cytochrome oxidase-CN complexからCNを解離させることができる。雄性ビーグル犬に亜硝酸アミルを静脈内投与又は吸入し、血中ヘモグロビン量及び血中メトヘモグロビン量を測定した結果、投与後5?10分で血中メトヘモグロビン量は9.9?29.6%に上昇した。その間血中ヘモグロビン量に変化は認められなかった。ビーグル犬にチオペンタール麻酔下、青酸ナトリウムを2.5mg/kg静脈内投与し、解毒処置を行った。無治療又は人工呼吸のみの対照群では5?10分で20例全例が死亡したのに対し、青酸ナトリウム投与直後に亜硝酸アミル0.66mL静注群では24時間まで生存が4/10、72時間まで生存例0/10、青酸による急性心不全発現発生開始時に亜硝酸アミル0.33mLを人工呼吸器のスターリングポンプ内に投与し吸入した群、及び青酸ナトリウム投与1?3分後に亜硝酸アミル0.33mLを人工呼吸器のアンブーバッグ内に投与し吸入させた群は各10例全例が生存した。


★リンクテーブル★
先読みシアン中毒
国試過去問104D051
リンク元血管拡張剤」「網膜中心動脈閉塞症
関連記事硝酸」「亜硝酸」「

シアン中毒」

  [★]

hydrocyanism
青酸中毒


104D051」

  [★]

  • 45歳の男性。農業に従事している。意識障害のため搬入された。夕食後、自宅倉庫へ行ったまま2時間以上たっても戻らないのを心配した家族が見に行き、倒れているのを発見した。搬送した救急隊員によると、そばに空ピンがころがり、床の吐物に有機溶剤臭があった。意識レベルはJCS II-20。身長165cm、体重58kg。体温36.0℃。脈拍44/分、整。血圧100/58mmHg。縮瞳を認める。皮膚は湿潤していて発赤はない。骨格筋の線維性攣縮が認められる。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。尿所見:外観は淡黄色透明。蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球 500万、白血球 6,200、血小板 32万。血液生化学所見:アルブミン 4.8g/dl、クレアチニン 1.1mg/dl、総ビリルビン 0.8mg/dl、AST 30IU/l、ALT 35IU/l、LD 300IU/l(基準176-353)、ALP 200IU/l(基準115-359)、γ-GTP 30IU/l(基準8-50)、コリンエステラーゼ OIU/l(基準400-800)、アミラーゼ 40IU/l(基準37-160)、CK 20IU/l(基準30-140)。動脈血ガス分析(自発呼吸, room air) : PaO2 98Torr、PaCO2 40Torr、HCO3- 24mEq/l。
  • 処置として投与が検討されるのはどれか、2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 104D050]←[国試_104]→[104D052

血管拡張剤」

  [★]

vasodilatorvasodilatator
血管拡張薬

商品


網膜中心動脈閉塞症」

  [★]

central retinal artery occlusion
網膜動脈閉塞症網膜動脈分枝閉塞症

概念

  • 網膜中心動脈の閉塞

病因

参考1
SOP.134
  • (1)血栓塞栓子、(2)乳頭内での粥状硬化、あるいは動脈炎による血管攣縮による動脈の閉塞、(3)緑内障や外力による高眼圧

症状

  • 無痛性の高度視力障害

検査

  • 眼底検査:網膜は混濁、白濁。cherry-red spot

予後

  • 1時間以内に血行が改善しないと網膜機能の回復は期待できない。

治療

  • 眼球圧迫マッサージ
  • 亜硝酸アミル
  • (高眼圧の場合)前房穿刺

参考

  • 1. [charged] Central and branch retinal artery occlusion - uptodate [1]



硝酸」

  [★]

nitric acid, nitrate
硝酸塩亜硝酸 nitrous acid亜硝酸塩 nitrite
  • HNO3



亜硝酸」

  [★]

nitrous acid, nitrite
亜硝酸塩 nitrite硝酸 nitric acid, nitrate
  • HNO2


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡