二次治癒

出典: meddic

secondary healing, healing by second intention, healing per secundam
二期治癒二次癒合二期癒合
創傷治癒
  • 開放創のまま肉芽が増殖して組織欠損部位を補い、上皮化して創傷治癒に至る。
  • 創に感染を来した場合などに見られる。



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 感染のある創部の観察とケア--体腔SSIにおけるドレーン管理を含めて (特集 エビデンスと図解でさくさく理解! 手術部位感染対策をきわめる)
  • ハイドロコロイド閉鎖ドレッシングにより二次治癒した肘部皮膚欠損の犬の1例
  • 山添 和明,鳥越 賢太郎,片岡 裕子,内門 純一,宮本 修治,渡邊 一弘,工藤 忠明
  • 獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 35(3), 71-76, 2004-07-30
  • NAID 10013775895

関連リンク

二次治癒や、その関連情報についてまとめたページ。ネットでの調査結果を元に、情報をまとめています。 ... 外科的に修復される傷一次治癒の場合そうした上皮細胞は水や細菌に対して48時間のうちに効果的な保護膜を形成し5日以内 ...
簡単に言うと、 ・「一回で閉じれるような傷(=急性創傷:ex.手術創などの切創)」の治り方⇒一次治癒 ・「一回では閉じれない、軟膏とか被覆材とか使って保存的に治さないといけないような傷(=慢性創傷:ex.糖尿病性潰瘍、褥瘡 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
先読み創傷治癒
関連記事二次

創傷治癒」

  [★]

wound healing
創傷





創傷治癒の遷延/阻害因子

  • 力学要素:創傷部位にかかる張力・振動
  • 血流障害
  • 栄養障害:蛋白質欠乏、ビタミンC欠乏、
  • 代謝障害
  • 異物・血腫の存在
  • 感染症
  • 血液:第XIII因子欠乏
  • 疾患:糖尿病
  • 薬剤:糖質コルチコイド(好中球の遊走阻害?)


二次」

  [★]

secondarysecond-ordersecondquadratic
続発性第二第二級第二次二級二次的秒間二次性続発




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡