二次感染

出典: meddic

secondary infection
続発感染



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/07/30 07:58:12」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 『鼻かぜ・喉かぜ』における適正な抗菌薬使用法 : かぜ診療の基本姿勢 (特集 鼻かぜ・喉かぜ診療のススメ)
  • 調理の仕事・基本の(き)(9)食中毒 : 二次感染予防の方法
  • 二次感染により紅皮症化したDarier病の1例 (特集 角化症・炎症性角化症)
  • 大泉 亜美,春名 邦隆,根木 治 [他]
  • 皮膚科の臨床 55(9), 1091-1095, 2013-09
  • NAID 40019803655

関連画像

d2646-147-858359-3.jpgエボラ出血熱】二次感染の 二次感染」に関する画像一覧 間に二次感染?仕事で移る死者1万人超 英兵士が二次感染 していると内出血や二次感染


★リンクテーブル★
関連記事感染」「二次

感染」

  [★]

infection
定着感染症不顕性感染顕性感染サブクリニカル感染
  • 細菌が宿主の体表面、体内や組織内に付着して増殖し、定着している状態。
  • 感染の成立には微生物(定着能、増殖能、細胞内進入能、毒素産生能などを総合した病原性)と宿主(排除能、殺菌能などの生体防御機構)の力関係が崩れたときに生じる



二次」

  [★]

secondarysecond-ordersecondquadratic
続発性第二第二級第二次二級二次的秒間二次性続発




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡