予防填塞

出典: meddic

pit and fissure sealing, preventive sealing


和文文献

  • ウレタンジメタクリレート系レジンをマトリックスとしたフィッシャーシーラント材料の試作と物性
  • 江崎 光恵,入江 正郎,田仲 持郎 [他],長岡 紀幸,森田 学
  • 日本歯科理工学会誌 30(1), 63-73, 2011-01-25
  • 小窩裂溝への侵入度の向上や優れた物性を有するシーラント材の開発を目指して,光重合型ベースレジンのUDMA/MAAまたはUDMA/TEGDMAに粒径の異なる球状シリカフィラーを添加した試作材料を調製し,HApプレート表面に形成した模擬裂溝への侵入深さ,粘度,曲げ強さ,硬さおよびエナメル質に対する接着強さを測定した.その結果,ベースレジンにUDMA/MAAを用いることでその重合体は良好な物性(曲げ強さ …
  • NAID 110008440521
  • 無痛無汗症患児に対する歯科的管理
  • 相澤 徳久,篠田 奈々,春山 博貴,加川 千鶴世,島村 和宏,鈴木 康生
  • 奥羽大学歯学誌 37巻(1号), 49-52, 2010-03
  • … 長期間にわたり保護床を装着することで齲蝕発生の要因となるため、積極的に保護者にブラッシング指導を行い、乳臼歯部の予防填塞およびフッ化物の歯面塗布も行った。 …
  • NAID 120005429452
  • CO 2レーザー融着による小窩裂溝予防填塞としてのリン酸カルシウム 2.DCPD 析出リン酸カルシウムセメントによるシーラント材
  • 後藤 博祐,多賀谷 正俊,若松 宣一,亀水 秀男,塚原 隆司,青木 重人,土井 豊,田村 康夫
  • 岐阜歯科学会雑誌 35(2), 55-60, 2008-10-20
  • 硬化時にDCPD を析出するリン酸カルシウムセメントのレーザー融着シーラント材としての可能性を検討した.フッ素徐放性を期待し,また,セメントの融点を下げるためにフッ化カルシウムを添加したβ-TCP/MCPM セメントを開発した.このセメントは有効な作業時間が確保できないほど短時間で硬化するため,硬化時間調整材としてDCPD の加熱生成物の1種であるβ-ピロリン酸カルシウムの有効性を検討した.その結 …
  • NAID 110007480226

関連リンク

食べ物を噛む溝は、むし歯ができやすいため、予防的に溝をシールする方法です。 この方法はほとんど歯を削りませんので、痛みをともないません。 生えてきたばかりの6才臼歯、12才臼歯に特に効果的です (乳歯におこなう ...
お子さんのむし歯予防に有効なのが、シーラント(予防填塞)です。奥歯の噛む面は複雑で細かい溝があり、むし歯になりやすい場所です。この溝を樹脂で埋めてむし歯を予防するのがシーラントです。歯は一切削らないので ...

関連画像

 应继续住院以防止填塞复发兵庫県明石市藤江若林で、PMTC  (予防填塞)処置』について予防填塞(てんそく)シーラント(予防填塞)台東区・浅草・上野・雷門・寿


★リンクテーブル★
リンク元酸エッチング
関連記事予防

酸エッチング」

  [★]

acid etching
予防填塞


予防」

  [★]

preventionprophylaxispreventiveprophylacticprecautionary
阻止防止予防性予防的予防法予防薬予防手段

分類





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡