乾酪壊死

出典: meddic

caseous necrosis



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/08/08 00:35:42」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 薬剤師が知っておくべき臓器別画像解析の基礎知識(6)1.呼吸器分野(6)肺結核の画像診断--Radiologic-Anatomic-Pathologic Correlation
  • 肺結核を合併した若年者重症腸結核の3症例
  • 矢ヶ部 知美,隅 健次,樋高 克彦
  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 107(1), 70-76, 2010-01-05
  • … 結核の治療開始後に腹膜刺激症状が出現した.腸結核に特徴的な輪状,帯状潰瘍など多彩な形態の活動性潰瘍を認め,抗結核剤により軽快した.症例(3) 20歳代男性.肺結核治療開始直後に消化管穿孔をきたし,緊急手術を施行し救命し得た.切除標本より乾酪壊死をともなった肉芽腫および結核菌が証明された.若年成人で十分な健康管理が行われていない者には,重症結核が発症し得ることに注意すべきである. …
  • NAID 10026134747
  • 食道癌術後の縦隔リンパ節結核の1例
  • 的野 吾,田中 寿明,田中 優一,末吉 晋,津福 達二,西村 光平,村田 一貴,笹原 弘子,白水 和雄,藤田 博正
  • 日本消化器外科学会雑誌 42(6), 640-644, 2009-06-01
  • … 腹下部食道噴門側胃切除術を施行.術後診断はpT3N0M0 Stage IIで根治度Aであった.経過観察中,CTで気管前リンパ節の腫大を認めた.確定診断のため,胸腔鏡補助下リンパ節摘出術を施行した.組織学的には,強い中心乾酪壊死を伴う類上皮細胞肉芽腫とLanghans型巨細胞を認め,リンパ節結核の所見であった.結核菌の検出は確認できなかったが,術後に施行したツベルクリン反応は強陽性であり,病理組織学的検査よりリンパ節結核と診 …
  • NAID 110007227085
  • 脾臓に限局し悪性疾患との鑑別に難渋したサルコイドーシス症の1例
  • 田崎 健太郎,大島 郁也,有我 隆光,吉村 清司,篠藤 浩一,岡崎 靖史,森岡 伸浩,佐塚 哲太郎,尾崎 正彦,角田 幸雄
  • 日本消化器外科学会雑誌 42(1), 61-66, 2009-01-01
  • … 断にて開腹下の脾臓摘出術を施行した.摘出した脾臓は11×9×4cm,200gで黄白色調の多発結節を認めた.病理組織学的にはランゲルハンス型多核巨細胞と類上皮細胞,膠原線維で形成される肉芽腫を多数認め,また乾酪壊死巣は認められず,抗酸菌蛍光およびZiehl-Neelsen染色は陰性でホジキン細胞も認めなかったことから,脾サルコイドーシスと診断した.術後経過は良好で,第13病日退院した.術後1年8か月現在で,肺,皮膚,眼などに病 …
  • NAID 110007024893

関連リンク

乾酪壊死(かんらくえし、英: caseous necrosis)は生物組織の壊死の一形態。肉眼的に チーズ(乾酪)のような外観を呈することから名づけられている。 この組織はやわらかく 白いタンパク質に富んだ死細胞の塊である。乾酪壊死内部では組織学的な構造は ...
結核性滲出性病変の中心部は壊死に陥るが,この壊死巣は一般炎症の化膿による 融解壊死と異なり,凝固性の壊死となり黄色調のチーズ状の壊死物質を形成する。これ を乾酪壊死というが,乾酪変性ともいう。壊死巣にはタンパク分解酵素を阻害する脂質 が ...
2010年11月10日 ... 乾酪壊死は肉眼所見の用語です。 ... 以下、訳:乾酪壊死と言う用語は、適切なものは 肉眼的な壊死病変において、「チーズ様」形態を指す。 組織学 ... 以下、訳:乾酪壊死、 それは凝固壊死の破壊性の形態であり、しばしば結核性病変を指す。

関連画像

乾酪壊死層、類上皮細胞層 な形をしている組織(乾酪壊死 肺結核病巣の乾酪壊死中心部に 乾酪壊死巣に接してラ氏型巨 画像をクリックすると拡大表示 乾酪壊死.jpg


★リンクテーブル★
国試過去問106D029
リンク元乾酪化」「乾酪性肉芽腫
関連記事壊死」「

106D029」

  [★]

  • 42歳の女性。 7か月前から持続する全身倦怠感腰背部痛とを主訴に来院した。体温36.1℃。脊椎の後屈制限と棘突起叩打痛とを認める。血液所見:赤血球410万、 Hb12.0g/dl、 Ht35%、白血球6,100、血小板15万。 CRP0.3mg/dl。胸腰椎単純CT(別冊No. 9A)と胸腰椎MRIのT2強調矢状断像(別冊No. 9B)とを別に示す。生検組織で乾酪壊死を伴う肉芽腫を認める。
  • 治療薬として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106D028]←[国試_106]→[106D030

乾酪化」

  [★]

caseation
乾酪変性 caseous degeneration、乾酪壊死 caseous necrosis
乾酪壊死


乾酪性肉芽腫」

  [★]

肉芽腫乾酪壊死結核結核菌


壊死」

  [★]

necrosis
ネクローシス
アポトーシス細胞死



死」

  [★]

death
死亡脳死心臓死




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡