乾燥人血液凝固第IX因子複合体

出典: meddic


  • 凝固第IX因子

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 抗血栓療法の実際 : 周術期や出血時の対応を含めて(<特集>一般脳神経外科医が知っておくべきsubspecialtyの知識)
  • 矢坂 正弘
  • 脳神経外科ジャーナル 19(1), 4-13, 2010-01-20
  • … 鏡下での手術時には,抗血栓を止めざるをえない.その場合,血栓・塞栓症のリスクの高い症例では,ヘパリンによる代替療法を考慮する.ただし,代替療法を行っても血栓・塞栓症のリスクを完全に取り去ることはできないので,十分な説明に基づく同意を得るべきである.ワルファリン療法中に重篤な出血性合併症が起こった場合,上昇したPT-INRは乾燥人血液凝固第IX因子複合体の静脈内投与により早急に是正することができる. …
  • NAID 110007505132
  • ワーファリン内服中の腹膜炎緊急手術時に乾燥人血液凝固第IX因子複合体を術前投与した2例
  • 小鹿 雅博,佐藤 信博,鈴木 泰,吉田 雄樹,井上 義博,若林 剛,遠藤 重厚
  • 日本救急医学会雑誌 = Journal of Japanese Association for Acute Medicine 16(10), 581-586, 2005-10-15
  • NAID 10020547936

関連リンク

(一般的名称) 血液凝固第Ⅸ因子複合体(ヒト). (販売名) コーナイン. (輸入先販売名) KONYNE. 成分及び分量又. は本質. 本品は、最小の蛋白含量で血液凝固第Ⅱ、第Ⅶ、 第Ⅸおよび第Ⅹ因子を含有す. る精製人血症分画を凍結乾燥したものである。 本品は ...
PPSB-HT静注用500単位「ニチヤク」. (成分:血液凝固第9因子). 経路:注射薬| 規格:500単位1瓶(溶解液付) |一般名:乾燥人血液凝固第9因子複合体|薬価: 31613.00 |メーカー:日本製薬. 薬品情報 · 添付文書情報; 成分一致薬品. ページを 印刷 ...

関連画像

ファイバ注射用500・1000 第1土曜特集 抗凝固・抗血小板 日赤第IX因子製剤

添付文書

薬効分類名

  • 血漿分画製剤(血液凝固因子製剤)

販売名

  • PPSB-HT静注用200単位「ニチヤク」

組成

  • 本剤は、人血漿中の血液凝固第IX因子複合体を含む凍結乾燥製剤で、1瓶中に下記の成分を含有する。

有効成分

  • 血液凝固第IX因子:200単位

添加物

  • ヘパリンナトリウム:50ヘパリン単位
    クエン酸ナトリウム水和物:120mg
    塩化ナトリウム:48mg

添付溶解液

  • 日本薬局方注射用水:10mL
  • 本剤の主成分である血液凝固第IX因子は、日本において採取された献血血液を原料としている。また、添加物としてブタ腸粘膜由来のヘパリンを使用している。

効能または効果

  • 血液凝固第IX因子欠乏患者の出血傾向を抑制する。
  • 本剤を添付の日本薬局方注射用水10mL(200単位製剤)あるいは25mL(500単位製剤)で溶解し、通常1回血液凝固第IX因子量200〜1,200単位を静脈内に緩徐に注射する。用量は、年齢・症状に応じ適宜増減する。
    [溶解方法については末尾を参照してください。]

輸注速度が速すぎるとチアノーゼ、動悸を起こすことがあるので、ゆっくり注入すること。

慎重投与

IgA欠損症の患者

  • [抗IgA抗体を保有する患者では過敏反応を起こすおそれがある。]

溶血性・失血性貧血の患者

  • [ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない。感染した場合には、発熱と急激な貧血を伴う重篤な全身症状を起こすことがある。]

免疫不全患者・免疫抑制状態の患者

  • [ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない。感染した場合には、持続性の貧血を起こすことがある。]

重大な副作用

アナフィラキシー様症状(頻度不明):

  • アナフィラキシー様症状を起こすことがあるので、観察を十分に行い異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

DIC(頻度不明):

  • 大量投与によりDICを起こすことがあるので、観察を十分に行い異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

血友病Bに本剤を投与したところ、活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)は、投与直後から著明な改善(短縮)がみられ、投与48時間後でも有意な短縮を示した。1)

本剤の投与により、血友病Bに欠乏している血液凝固第IX因子を補充し、出血を抑制することができる。


★リンクテーブル★
関連記事血液」「I」「乾燥」「複合体」「血液凝固

血液」

  [★]

blood (PT,Z)
sanguis
全血球計算値循環血液量血球血液量

概念

  • 血液は45%の細胞成分と55%の血漿成分から構成される。
  • 弱アルカリ性(pH7.4)でやや粘稠の鮮紅色から暗赤色の体液 (HIS.189)
  • 成人の血液量は約5L (HIS.189)
  • 体重の1/13 (SP.484),体重の約7% (HIS.189), 体重の約8% (2007年度前期解剖学授業)
  • 全血液量の約1/3が失われると死亡する

構成

血液の量

091208II 麻酔
  新生児 乳児 幼児以降 高齢者
循環血液量(ml/kg) 90 80 70 60
体重に対する血液量(%) 9 8 7 6

血液に関する標準値

SP.484
  男性 女性 単位など
ヘマトクリット 45 40 %
血液量 75 65 ml/kg
比重 1.057 1.053 (血漿1.027)
浸透圧 275-290 mOsm/Kg・H2O

基準値

  • 赤血球 (2007前期解剖学プリント)
♂:4.95±0.75 x 10^6 (/μl)
♀:4.65±0.85 x 10^6 (/μl)
  • 白血球 (2007前期解剖学プリント)
  • 血小板 (2007前期解剖学プリント)
  • ヘマトクリット
♂:40-50 (%) 45%
♀:35-45 (%) 40%

LAB.1790

項目名   性別/
種類
 
赤血球   414~563 x10^4/ul
373~495
ヘモグロビン Hb 12.9~17.4 g/dl
10.7~51.3
ヘマトクリット Ht 38.6~50.9 %
33.6~45.1
平均赤血球容量 MCV 84.3~99.2 fl
80.4~101.0
平均赤血球血色素量 MCH 28.2~33.8 pg
25.5~34.6
平均赤血球血色素濃度 MCHC 32.2~35.5 %
30.8~35.4
網赤血球   0.5~1.8 %
0.4~1.6
血小板 Plt 14.3~33.3 x10^4/ul
13.7~37.8
白血球 WBC 2970~9130 /ul
3040~8720
好中球桿状核 0~9 %
好中球分葉核 28~68 %
好酸球 0~10 %
好塩基球 0~2 %
リンパ球 17~57 %
単球 0~10 %





I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」


乾燥」

  [★]

desiccationdryingdroughtexsiccationdrydesiccatearid
乾固乾性地震除湿乾いた干ばつ不毛洪水ハリケーン自然災害


複合体」

  [★]

complexcomplexescomposite
合成物錯体多層複合性複合物複雑コンプレックス複合


血液凝固」

  [★]

blood coagulation, blood clotting, hemopexis, coagulation of blood, clotting of blood
血液凝固因子






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡