乳糜槽

出典: meddic

chyle cistern (Z), chylocyst
cisterna chyli (Z,KH)
胸管リンパ本幹リンパ系



  • 乳糜槽の上方は胸管に移行する
  • 胸管の下端部が膨らんだもの (Z.39)
  • L1,L2椎体前側に位置する (Z.39)
  • 腹部内臓および下肢からのリンパがここに集められる。胸管下部が膨大せず、乳糜槽が見られないことがある (Z.39)


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


和文文献

  • 右胸腔鏡下胸管結紮・乳糜槽切除により治癒した成人特発性乳糜胸の1例
  • 西田 保則,西 智史,三澤 賢治,三島 修,北野 司久
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 25(1), 58-63, 2011-01-15
  • … 下胸管結紮・乳糜槽切除を行い,治癒した症例を経験した.症例は62歳の女性で,近医にて頻回の左胸腔ドレナージを施行されていた.術前にMRTD(Magnetic resonance-thoracic ductography)を行い胸管の走行と乳糜槽の位置を確認し,右胸腔からの胸腔鏡下手術が可能と判断した.手術においては,横隔膜上で胸管を結紮することが一般的とされているが,胸腔鏡下に乳糜槽を確認して処 …
  • NAID 10027421704
  • 胸管結紮術、心膜切除術、乳糜槽切開術を併用した乳糜胸の犬の3治験例
  • 板本 和仁,中市 統三,谷 健二,田浦 保穂
  • 獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 40(4), 73-78, 2010-01-31
  • NAID 10026492829
  • 乳糜槽切除術 cisterna chili ablation と胸管結紮術 thoracic duct ligation の併用
  • 林 慶
  • 獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 39, 129-130, 2008-12-20
  • NAID 10025098013

関連画像

Powered by TOK2ポイントは、 リンパ節の方向 図8 Time-SLIPによる乳糜槽内の


★リンクテーブル★
先読みリンパ本幹
リンク元リンパ系」「胸管」「乳び槽
関連記事乳糜」「

リンパ本幹」

  [★]

lymphatic trunk, lymphatic duct
胸管



リンパ系」

  [★]

lymphatic system


概念

  • 間質からのリンパ液を静脈系に還流させるまでの系。
  • 血管系と並ぶ脈管系の一つ。
  • 免疫やリンパの還流させる働を担う。
  • 間質→毛細リンパ管→リンパ管→静脈の方向にリンパを輸送する。この流路にリンパ節があり、ここに貯留するリンパ球や免疫抗体を循環系に送り込む。間質あるいは血症より漏出した蛋白質や巨大分子は毛細血管を通れず、リンパ系がただひとつの輸送路となる。(SP.515)

解剖による分類

下肢

上肢

頭部

  • 頚リンパ節

体幹


胸管」

  [★]

thoracic duct (Z)
ductus thoracicus
リンパ系リンパ本幹


  • 図:N.204(肺のリンパ管), 258(腹部)


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



乳び槽」

  [★]

cisterna chyli
乳糜槽
腰リンパ本幹



乳糜」

  [★]

chyle
chyle
乳糜管乳び性乳び管リンパ



槽」

  [★]

bathcisternacisternae
入浴浴槽バス




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1ミタゾラム 効果 16
2pud 16
3Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 10
6多毛日本 9
7ハントコスニック 8
81,320,568,24 HTTP/1.1 8
9日常生活自立度 7
10prolapse of uterus 7
11血友病C 7
12user/register 6
13ルリッシュ症候群 5
14Salivary glands 5
15脳卒中リハ 阻害因子 5
16 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
17サイズの原理 筋電図 5
18viraldeath解剖 5
19角化棘細胞腫 5
20vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
2ルリッシュ症候群 5
3vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4
4ノンスロン 作用 3
5上腕骨 肘頭窩 2
61〜2才 推定エネルギー必要 2
7気管支原生嚢胞 疼痛 2
8Trigeminal nerve 2
9気管支廉縮 2
10SVPC 2
11山崎邦正のペロニー病をなおした病院 2
12ヘーリング反対色説 2
131,1024,768,24 HTTP/1.1 1
14dungeon 1
15ピトレシン 投与量 1
16ギプスシーネ 1
17重炭酸ナトリウム 経口投与 1
18下額呼吸 1
19ジメチルイソプロピルアズレン 1
20ケタミン 1