乳糜性腹水

出典: meddic

chylous ascites
乳び性腹水

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 先天性乳糜性腹水症の1例
  • 浅田 美佐,石川 薫,山口 一雄,三輪 茂美,柴田 均,藤村 由美,伊藤 誠,呉 明超,宮崎 俊英,木村 隆,可世木 成明,風戸 貞之,須之内 省三
  • 日本産科婦人科學會雜誌 41(2), 231-233, 1989-02-01
  • NAID 110002103777
  • 4.空腸嚢状リンパ管腫と大量乳糜性腹水をみた総腸間膜軸捻の1例(第33回日本小児外科学会東北地方会)
  • 井上 茂章,村上 哲之,杉山 雄一,土田 博,山形 尚正,笹村 雅人,松本 一仁,伊東 慶子
  • 日本小児外科学会雑誌 20(6), 1269, 1984-10-20
  • NAID 110002096743
  • 成人にみられた乳糜性胸腹水症の1例
  • 森谷 行利,三輪 恕昭,守山 稔,湊 宏司,橋本 修,岡 哲秀,中村 憲治,折田 薫三
  • 日本消化器外科学会雑誌 15(3), 525-529, 1982-03-01
  • NAID 110001335327

関連リンク

滲出性腹水を起こす. 血性腹水. 癌性腹膜炎; 子宮外妊娠; 肝細胞癌の破裂; 腹部 大動脈破裂. 乳糜腹水. 悪性リンパ腫; 悪性腫瘍の転移; 膵ガン; 結核性腹膜炎; 門脈 血栓; 腹部外傷; 胸管・リンパ管の外傷などで破裂; フィラリア. ○乳糜様の腹水を 引き起こす ...
昇しており,漏出性ではなく滲出性腹水であった. よって,著者らはこの乳糜腹水の 発生機序として,. 何らかの原因で腸間膜の脂肪織に炎症が起こり,. リンパ管の透過性 が亢進し,リンパ液が腹腔内に. 滲出した結果生じたと考えている. 腸間膜脂肪織炎 ...

関連画像

the milky white fluid shown here within 病理生理学 乳糜性腹水形成和 腹水」に関する画像一覧 腹腔穿刺置管引流出的乳糜腹水 置 管 引流 出 的 乳糜 腹水


★リンクテーブル★
リンク元乳び性腹水
関連記事腹水」「乳糜

乳び性腹水」

  [★]

chylous ascites
乳糜性腹水

腹水」

  [★]

ascites, abdominal dropsy, hydroperitonia
腹腔内貯留液 intraperitoneal fluid
波動


概念

  • 腹腔内液体貯留

分類

  滲出性 漏出性
外観 混濁 清明
蛋白質濃度(g/dl) >4.0 >2.5
Rivalta反応
比重 >1.018 <1.015 
疾患 癌性腹膜炎 肝硬変
化膿性腹膜炎 心疾患
結核性腹膜炎 ネフローゼ
  Budd-Chiari症候群
血清蛋白質濃度は6.5-8.0g/dLが正常範囲

腹水の性状

比重、蛋白濃度による分類

  • 漏出性腹水
  • 滲出性腹水

病因

  • 1. 門脈圧・静脈圧亢進
  • 2. 膠質浸透圧の低下
  • 3. リンパ液のうっ滞
  • 4. 血管透過性の亢進

病態生理

肝硬変における腹水 HIM.1978

  • 肝硬変→門脈高血圧→内臓の血管拡張→
  • 1. →内臓の血管内圧の上昇→腹水
  • 2. →動脈血の減少→血管収縮機構と抗ナトリウム利尿機構の亢進→ナトリウム保持→血漿量の増加→腹水

貯留しやすい部位(QB.Q-205)

検査

  • 500ml以上の貯留があれば、腹部超音波検査、腹部CT、腹部MRIで検出できる。

腹部単純X線写真

治療

HIM.1978

  • 軽度の腹水:食事療法でナトリウム制限を行う。
  • 中等度の腹水:利尿薬で治療を行う。スピロノラクトン、さらに必要があればフロセミドを重ねる。
  • refractory ascites:利尿薬と食事療法でコントロールできない腹水。この場合、LPV(large volume paracentesis)やTIPS(transjugular intrahepatic portosystemic shunt)を考慮する。



乳糜」

  [★]

chyle
chyle
乳糜管乳び性乳び管リンパ





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡